ポロロッカの卵

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポロロッカの卵

新たな視点から物事を見つめ直す新感覚横丁人情ブログ

ポロロッカの卵

オススメ画像編集アプリの話

スポンサーリンク

 

こんにちは。

 

「どっかに行ったものは全ていらなかったもの」が口癖のポロロッカです。嘘です。ただのポロロッカです。只野仁みたい。

 

 

画像をTwitterに載せるとき、皆さんはどんなことに気をつけますか?

 

たとえば縦長の写真を載せようとして、その写真の注目ポイントが上半分にあるとき、サムネイルがそこに合わなかったらなんか嫌ですよね。机の上のものの写真なのに机の木目のどアップになっちゃってるみたいな。

 

僕はできるだけそうなりたくない(たまにただの画像つきTwitterに見せかけてあえてサムネイルがずれるような画像を選んで呟いて、あとでエンゲージメント総数のうちの「画像のクリック数」を見て信頼できる人間の数を数えたりもしますが)ので、添付する前にトリミングします。

トリミングというのは画像のいらない部分の切り落としですね。これは写真アプリからそのまま編集できます。

 

トリミング以外にも、写真アプリでの編集で、結構いろんなことができます。フィルターも10種類ぐらいあるし(iPhoneの場合)、明度彩度調節までできます。むしろほとんどの人がこの機能で十分満足しているのではないでしょうか。

 

 

だがしかし。僕は例の如く「アプラー」なので、画像編集アプリをいくつか入れています。そして自分の目的に合ったアプリを使い分けています。

 

 

まず、画像にフィルターをかけたい時は、こちら

f:id:Pororo-CA:20170122192858j:image

AdobeAdobe Photoshop Express: 写真の編集 - コラージュ作成
https://appsto.re/jp/dPyYt.i

 

このアプリ、フィルターの種類は全画像編集無料アプリ中トップと言っても過言ではないです。ほんとに豊富。

 

そしてただフィルターの数だけではなく、このアプリにはしみ除去という機能がついています。

この機能がまぁ〜〜〜〜すごい。何がというと、タッチした部分のしみなどを、その周りの色に合わせてなくしてくれるのです。しみに限らずとも、「背景のビル」や「思い出の写真に映ってしまった幽霊」なんかも消せちゃいます。

使用例として、

f:id:Pororo-CA:20170122194206j:image

こちらのなんの変哲も無いサンプラザ。ヤバイTシャツ屋さんの「喜志駅周辺なんにもない」のコールアンドレスポンス「サンプラ行ったら挨拶しよか迷う感じの知り合いがおる」のモチーフとなったサンプラザ河南町芸大前店です。

この写真の目の前にある地面、ポツポツと白い点が気になりますよね。ウンキニナル。気になる体でいこう。この白い点、Adobe Photoshop Expressのしみ除去機能を使えば、

f:id:Pororo-CA:20170122194629j:image

白い点がなくなります。

いやこれ結構使いますよ。ライブの写真なんかで、「このステージドリンク邪魔だな」って時はステージドリンクごと消せます。It's a magic。

 

以上の、フィルターとしみ除去機能を駆使すれば、

f:id:Pororo-CA:20170122194849j:image

どんよりとした空の下にある古めかしいお城だって、

 

 

f:id:Pororo-CA:20170122194921j:image

ど晴天の日のええ感じのキャッスルに早変わりです。天晴れですよ。

 

 

さて続いてのアプリがこちら

f:id:Pororo-CA:20170122195341j:image

KALEIDOSCOPE Inc.「合成写真 合成スタジオ-写真の合成と背景透過画像を作成できる写真切り抜き加工アプリ!」
https://appsto.re/jp/RjZHR.i

 

こちらのアプリはですね、直線以外での画像のくり抜きをしたい時に使います。その目的とは、基本的には「背景を合成したいから」です。

 

たとえば自分がアメリカにいる写真を作りたければ、まず自分の写真を自分のシルエットに沿って切り取って、それをアメリカの風景の画像に貼り付けます。完成です。(僕はその後影をつけたりもしますがそんなことしなくても十分です。)

 

この機能を使えば、想い出の捏造がやりたい放題です。

使用例を使って説明すると、

f:id:Pororo-CA:20170122200304p:image

この写真は、川の横で青年2人が寝転がっているという超絶青春な写真でございますが、

合成スタジオにて、僕の寝転がっている写真を切り抜き、この写真に貼り付けると、

 

 

f:id:Pororo-CA:20170122200433p:image

なんとこのように、僕が現れました。

 

ということでこのアプリは便利さゆえの倫理感の消失を伴うことをしっかり理解した上で使えば、とても役立ちます。決して悪用しないようにしましょう。

 

 

最後に、僕がインストールしたアプリの中で一番使用頻度の高い画像編集アプリが、こちら

f:id:Pororo-CA:20170122200820j:image

ibis inc.「お絵かきアプリ アイビスペイントX 無料
https://appsto.re/jp/rWx3A.i

 

神アプリです。

このアプリを無料で配信しても良いのかって抗議したくなるぐらい有能。ぐう有能。

 

こちらの使用用途としては、フリーハンドの作画、文字合成、その他諸々いろんな機能目的で使います。ほんまなんでもできる。

使い方が難しいだけで、「合成スタジオ」や「Photoshop Express」の機能だってやろうと思えばこれひとつでやれます、多分。てかくり抜き合成機能は合成スタジオよりも便利だったような気も…。

 

文字合成ならいろんなアプリでできますが、このアプリはそのフォント数が豊富。そして文字合成あるあるなのですが、コラを作りたい時に元々の文字を消して別の文字をはめ込みたいなんてことありますよね。その時にスポイト機能が役立ちます。

 

元画像の、ただ文字を含むその部分を消しゴムで消しちゃうと、背景も何も真っ白になりますね。いくらその上から文字を打ち込むとしてもそれは変です。

そんな時には、真っ白になった部分に、その周辺の色をスポイトで吸い取って、同じ色で大体の地を作ってしまえば違和感がなくなります。

 

たとえば、

f:id:Pororo-CA:20170122202430j:image

この画像の「武田」を「岡田」にしたい時に、「武」を消すだけだと後ろの服も真っ白になってしまいます。

ですが、上着の部分は上着の色を、シャツの部分はシャツの色を、さらには影の部分は影の色をスポイトで吸い取り、それで大体塗ってから「岡」を挿入すると、

 

f:id:Pororo-CA:20170122202707j:image

このように違和感がなくなります。

 

f:id:Pororo-CA:20170122202720j:image

拡大すると、字の後ろを自分で塗っているのが分かりますね。こんなことができちゃうアプリがこの「ibis paint」なのです。

 

そしてこのアプリは他にも、ゼロからのお絵描きもできる(というかむしろそれがメイン)のですが、そのぺンの種類も豊富。もうなにからなにまで完璧です。完璧の完に完璧の璧と書いて完璧です。

 

さらには、別のクリエイターがこのアプリを使って作った画像の、製作段階が動画となって見れる機能もあります。ほんとにすごい。それがスマホでできるんだからすごいよね。時代の進歩です。

 

 

 

というわけで、長々と話しましたが、僕が主に使っている画像編集アプリはこれぐらいです。

他にもコラージュならMOLDIV、モザイクなら…という風に10数個のアプリを使い分けていますが、メインは今日紹介した3つです。

ぜひ皆さんの画像編集ライフにお役立てください。

 

また、「もっといいのあるよ!」「これオススメだよ!」というのがあればぜひコメント欄にて教えてください。

 

ではでは。