ポロロッカの卵

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポロロッカの卵

新たな視点から物事を見つめ直す新感覚横丁人情ブログ

ポロロッカの卵

3連勤の話

スポンサーリンク

こんにちは。

テスト期間からの3連勤に打ちのめされたポロロッカです。




びっくりしたよ。

なににって、3連勤というものにです。



イメージ図:アルバイト


僕は大学生になってから2年弱、アルバイトと奨学金で生計を立てているのですが、そのアルバイトというのも週に1〜3回行ってる程度でした。
僕が通っている大学の大学病院の研究補助でプログラミングを書くという仕事なので、好きな時に行って業務をして好きな時に帰る、という自由さに惹かれてやっていたのですが、なにせ自制心が働かなければすーぐ働かなくなるのです。自分で治したい性格第2位ですよこれ。1位は卑屈。


だから、楽すればその分生活が困窮になる、なんて生活をずっと過ごしていたのですが、さすがにしっかり働いてしっかり野菜を食べようと思いました。



そこで、2016年の冬、引越しの契約を進めている間に新しいバイトを始めようと思い立って新たにバイトを始めました。体を動かす系の派遣バイトです。(その前に某大手運送会社のバイトの面接も受けましたが、無事落選したのでここでは触れないでおきます。)


これがねー、すーぐ働かなくなる
いや、働く前はむっちゃ予約入れたろうって意気込んでたのに、その意気はすぐに打ち砕かれたのです。
そんな仕事ない。
需要に対する供給が少ないので、そのバイトも土日行くか行かないか程度になってしまいました。




「こんなんじゃダメだ」
と思い立って(思い立ちすぎ)、僕はテスト期間にまた新たなバイトを始めました。

それは短期なのですが、模試の採点官のバイトで、結構入れられるとのこと。


「俺やってやんよ」のポロロッカという異名を持つ僕は、シフトに「9:30~20:00」と狂ったように書き込みました。2連勤と1連休のミルフィーユ状態にしてやりました。1連休ってただの休だよほんと。

それでね、2月前半はそのような生活になったわけですが、忘れていたわけですよ。


研究補助のバイトの存在

そのバイトは週最低1回は行かなくちゃいけないから、必然的に「休」が潰されるわけです。


考えただけで反吐が出ました。
僕の体は多くても2連勤、それも両日とも3時間だけみたいなバイトしか経験したことないんだもの。

それがなに、3連勤でそのうち2日は9:30~20:00だ?なめてんのかコラって感じです。暑すぎだよ太陽 有給取れバカヤローって感じです。いや今は寒すぎだよバカヤロー。でも自分で決めたことだから責任は持たねばならない。


そこで3連勤を決行し、本日完遂したわけですが……








やってられるかい!!!


いや、たったのね!?

たったの3連勤だよ?!

社会人は、いや社会人でなくてももっと連勤してるよ?!

でもね?!

落差が大きすぎたよ?!?!


2年間怠惰な生活を営んできたツケが回ってきて、僕は買いたてのギターを壊してしまう一歩手前まで行きました。マジで破棄する5秒前だった。理性保ててよかった。



そんなわけで、僕は連続的に働くことの厳しさを知り得ました。これからは、勤労感謝の日父親に電話しようと思います。




そして、バイトはただお金を稼ぐためじゃなくて、人生経験のためだなんてよく言われてる理由も知り得ました。

これは別に今日昨日で知ったってわけじゃないけど、それでもやっぱ理不尽の多い世界だなと身をもって感じましたね。




ほんと今日のブログは、「3連勤疲れた」ってだけの内容のないものでございます。

でも、まだ人生で3連勤を経験したことのない人には、人生の先輩としてこのブログを役立ててほしいです。






にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村