ポロロッカの卵

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポロロッカの卵

新たな視点から物事を見つめ直す新感覚横丁人情ブログ

ポロロッカの卵

【考察】パソコンの「マウス」ってネーミングはダサい!もっとピンとくる名前考えてみた話

考察 パソコン マウス 代替案

スポンサーリンク

こんにちは。

ヒトのフレンズのポロロッカです。すっごーい。




さて、皆さん使いまくっているであろうパソコンについてなのですが、

パソコンにはマウスが付いています。基本的に。

この名前の由来なのですが、Wikipediaさんによると

マウスという呼称は、形状がネズミに似ていたことから名づけられた。

出典: マウス (コンピュータ) - Wikipedia


つまり手のひらに収まるサイズ感と、パソコンとつなぐコードのしっぽ感ゆえに、あのグッズは「マウス」と名付けられたわけですが……。



ちょいと安直すぎやしやせんかぃ?
そしてネズミっぽいと言われても、そーんなにピンとこない。最近はコードレスも増えてきたことですしおすし。


ということで、絶対にもっとグッドなネーミングがあるはずです。
今日はそれを考えていこうと思います。



「マウス」に代わる新しい名前案

おっ◯い

いきなりごめんなさい。

でも、凸形状で、手のひらに収まるサイズ感といったらもうそれはおっ◯いです。

あまりそういう知識がないので分かりませんが、おそらくBカップとかの膨らみぐらいじゃないんでしょうか、マウスって。知らんけど。

でもそう考え始めたら、スクロールする用のくるくるするところなんてまさに乳首ごめんなさい。


次はもう少し真面目に考えていきましょう。




握りしめた君の手

これなんか詩的でよくないですか?

マウスのあの、クリックするところが少し凹んでいて、真ん中のくるくるするところが膨らんでる感じとかまさに手を握りしめた時っぽいですよね。


この解釈だと、好きな人が「パソコンわかんなーい」って言ってる時にマウスを持つ相手の手の上から自分の手を添えて「こうやるんだよ」って教えてるっぽいですね。

でもそう考えるとすごく虚しくなりました。
その上そんなこと考えながらいちいちマウスのことを「握りしめた君の手」って言ってたらそれはもうなんかキモいですね。却下。




パリピ

パーティーピーポーの略語ですね。いわゆるウェイってやつです。


マウスがなぜパリピかというと、マウスの意思表示である指型のカーソルを思い浮かべてみてください。

「パリピ〜〜」って感じしませんか。

なんとなく。なんとなくやけども。若干のウェイ臭を感じるからです。だからマウスのことを「パリピ」って呼ぶ案です。割とあり。


というわけで、形ではなく中身から攻めてみました。
次も同じく中身から考えてみましょう。




オカマバーのおねいさん達


ふざけてないです。
これにはしっかりとした理由があります。


今のマウスは、裏から赤い怪しい光が出ていて、それでマウスの動きを感知してますが、昔のマウスって中にが入ってました。
僕が中学生になった頃には赤い怪しい光マウスが主流でしたが、それまでは玉マウスがたくさんありました。


勘のいい人は分かったんじゃないでしょうか。

そう、昔は玉があったのに今では怪しい光を放っている。


玉がなくなって今では妖艶なオーラを放っている。


そりゃもうオカマバーのおねいさん達ですよ。



ただひとつ難儀なのは、
1つのマウスに対して「おねいさん達」って複数形で呼ぶのがあまりしっくりこないです。

それならマウスもマイスって呼ばなきゃいけないですもんね。

うん どうでもいいな。


マウスの「単位」

はい、今まで名前の代替案を考えてきましたが、

マウスについて調べていると、ひとつおもしろい情報を見つけました。


それがこちら。

パソコン操作に欠かせないマウス。実はこのマウス、動かしたときの「単位」には、センチやメートルではなく、まったく異なる単位が設けられているのだとか。

(中略)

マウスを動かした距離を表す単位は、なんと「ミッキー」なんです! 

1ミッキーは100分の1インチ(約0.25mm)を表します。もっと分かりやすく表すと、1mm=4ミッキーになります。それにしても、1mm、2mmなどと同様、1ミッキー、2ミッキーと数えてみても、なかなか慣れないものですね・・・。

ミッキーという単位名の由来は、皆さんお気づきのように、もちろん「ミッキーマウス」です。命名者は、マイクロソフト社でプログラマーとして勤めていたクリス・ピーターズ。

ウインドウズのマウスドライバなどを開発していた彼が「ミッキーマウス」にちなんで、ジョークとして名付けたという説が有力です。


出典:マウスの移動距離の単位はセンチやインチではなく「ミッキー」!? |エンジョイ!マガジン

驚愕すぎる。

マウスを動かした時の距離の単位は「ミッキー」らしいです。トリビアの泉に出てきそう。


というわけで先ほど考えた案にもそれぞれに応じた単位を考えなくてはいけません



まぁ、「おっ◯い」は、問答無用でAカップ Bカップ…で決まりかな。


「握りしめた君の手」……うーん、難しい。
単純に手の単位で1本 2本でもいいけど、それはどっちかというと「腕」の単位やからなぁ…。まぁどのみちこれは却下やからいいや。


「パリピ」はウェイ ウェ〜イ ウェ〜〜イとかでいいんちゃう(適当)。


「オカマバーのおねいさん達」…この時点で複数形だから1人 2人は厳しいものがありますね…。
もういっそ、新宿1丁目 新宿2丁目…とかでいきましょう。



ではこのブログを読んだマウス会社のお偉いさん方、
新商品はこの案を採用してください。







にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

↑ランキングに絶賛参加中
クリックしてくださるだけで励みになります。スマホにて指で押すときはパリピになりきってください。