ポロロッカの卵

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポロロッカの卵

新たな視点から物事を見つめ直す新感覚横丁人情ブログ

ポロロッカの卵

【欅坂46】運営の意図と他グループとの差別化を4thシングルフォーメーションから考察してみた話

スポンサーリンク

こんにちは。

「謙虚・優しさ・絆。キラキラ輝け欅坂46〜ハイッ」でおなじみのポロロッカです。
全然おなじんでないですね。ごめんなさい。







昨日というか今日というか、欅坂46という僕が応援しているアイドルグループの4thシングルのフォーメーションが発表されました。

昨日欅坂46の個別握手会に行ったところだったので(しかも握手会自体行くのがはじめて)、僕からしたらとてもタイムリーな話題なのです。
なので少し考察させていただきます。


もくじ



欅坂46独特の決定方法

フォーメーションといえば、AKB48などはCDに封入されている総選挙投票券によって決めたりするので、ファンは自分の推しに応募するために山ほどCDを買うのですが、欅はそういう制度じゃないんですね。

というのも、握手会の人気や色々を加味した上で、運営がフォーメーションを決定しているのです。
これは彼女たちの姉貴グループ乃木坂46も同じ決定方法です。


「総選挙」で決定しない運営の意図

「総選挙」は順位によって人気が数値化されます。

それは確実な結果であるとともに、お金のあるファンの影響力が大きくなってしまうので、単純な人気度ではないというのも実状です。


だから、総選挙という金儲けとしては抜群の手段あえて利用せず、そのこと自体をメンバーのモチベーションに繋げようというのが運営の意図なのではないでしょうか?


ファンの反応

3rdフォーメーション発表時の「疑念」

3rdシングル「二人セゾン」のフォーメーションが発表された時、欅坂ファンはどよめきました

というのも、21人のメンバーが3列に横並びになったフォーメーションがメインの欅坂は、それまでのシングルで1列目・2列目・3列目のメンバーが大体固定化されていました
そしてそれが運営の意図でもあったと思われていたわけです。


ですが3rdシングルで、その観念が覆されました。

それまで3列目だったメンバーが一斉に1列目に進出し、それに伴いメンバー間の人気の順列が不明瞭になったのです。



当時はファンの間でたくさんの憶測がなされました。

「総選挙という形がないだけで、実は人気が大きく変動してるのではないか」
とか、
「ダンス中に1列目が両サイドに分散し、結局人気メンバーが揃う2列目がメインになるのではないか」
とか、
「次回CDから"ひらがなけやき"(欅坂のアンダーメンバー)が選抜入りするから、それに伴い選抜落ちするメンバーに最後の思い出を作らせるためじゃないか」
とか。
もう本当に謎だったんです。


でも、個人的には僕の推しメンの原田葵ちゃんが3列目から1列目に大抜擢されたので、「これを機に人気が出たらいいなぁ」と思っていました。


「疑念」が「納得」に変わった

フォーメーション発表だけで話題を呼んだシングル「二人セゾン」のMVが発表され、ファンの「疑念」は「納得」に変わりました



懸念されていた「1列目が目立たないダンスになるのじゃないか」ということもなく、しっかりと1列目メンバーにスポットライトが当てられた作品になったのです。


これにより、それまで注目されていなかったメンバーにもそれまで以上の人気が出てきたのです。


そして4thのフォーメーション発表

冒頭の内容に戻り、昨日の深夜(というか今日の深夜というか)、4thシングルのフォーメーションが発表されました。

3列目
土生瑞穂 石森虹花 尾関梨香 原田葵 齋藤冬優花 小池美波 佐藤詩織

2列目
鈴本美愉 今泉佑唯 渡辺梨加 守屋茜 渡邊理佐 小林由依 志田愛佳

1列目
長沢菜々香 上村莉菜 長濱ねる 平手友梨奈 菅井友香 織田奈那 米谷奈々未



前作で3列目だった長沢菜々香、上村莉菜、織田奈那、米谷奈々未が1列目へ進出してきました。
これは3rdの時と同様、運営が「この子たちにも人気を集めさせよう」という意図を持っての行動だと思います。


それに伴い前作で1列目(しかもセンター横)を獲得できていた原田葵ちゃん(僕の推し)が3列目になったのは少し寂しいですが、
でもここから見ても「みんなに人気を出させて、グループ内格差を生ませない」という運営の優しさを感じることができて、それはそれで嬉しいです。

総選挙で順位づけされるグループって、すごいドロドロしてそうですもんね。




でもそんな中、
平手友梨奈は4作連続センターです。

彼女はやはり新規を獲得するための「欅坂の玄関」として君臨しているため、その地位を揺るがすことは運営もさすがに不安なのでしょう。


あまり責任を背負い込まないように、頑張って欲しいですね。


まとめ

欅坂46は、これまでのキャピキャピしたアイドル像とは一味違う「かっこいい」という切り口で売り出しているアイドルグループです。

そして1stシングル「サイレントマジョリティ」リリース時から絶大な注目を集めている、今1番勢いのあるアイドルグループでもあります。



そんな彼女たちを生かすも殺すも運営次第であり、現状ではうまくいっていると思います。


そしてこれから、全員を一通り1列目に抜擢しきった時、そしてアンダーメンバーの"ひらがなけやき"を加えて選抜を行うとなった時、運営の真価が問われると思ってもいます。



メンバーだけでなく、運営に対しても今後の展開に期待が大きいです。










↓関連記事↓



↑読者登録はコチラ


にほんブログ村 大学生日記ブログへ

↑おもしろいブログをお探しの人はコチラ