ポロロッカの卵

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポロロッカの卵

新たな視点から物事を見つめ直す新感覚横丁人情ブログ

ポロロッカの卵

【YouTube】広告がうざい!そんな気持ちを逆手に取れば広告業者も視聴者もwin-winだよって話

スポンサーリンク

こんにちは。

好きなYouTuberは東海オンエアのポロロッカです。






皆さんも、使いまくってますよね。

見まくってますよね。


YouTube

動画視聴のような「受動娯楽」が好まれがちなこのご時世、スマホでお手軽に、そして無料で動画を見まくれるYouTubeは、まさに世間の需要に応えまくっているわけです。世界はYouTubeで回っています。過言でした。でもそんぐらいYouTube市場は潤っているのです。



ですが、そんなYouTubeに対して満足の声以外の声をよく耳にします。


「広告うざい、うざすぎる〜〜」
という不満の声です。


確かに、YouTubeの広告、むちゃくちゃうざいです。

でもそんな嫌われている広告も、内容によったらプラスの効果になるんじゃないかな?と思ったわけです。



というわけで今回は、そんな奥深いYouTube広告について、存在意義や、どうすれば広告としての価値が高まるかなどについて考えていこうと思います。


もくじ

広告で生きるYouTuber

「俺らは動画が見てぇんだ!広告流すな!」

という主張をしている人をたまに見かけます。


それはout of 御門すぎる。
世に言う御門違いってやつです。



YouTubeを生業にして生活している人を俗にYouTuberと言いますが、彼らがそれで生きていける収入源こそ広告収入な訳です。
つまり、動画に広告を貼って、その広告主からお金をもらうという流れです。

人気YouTuberともなると、企業から直接オファーが来て、その企業の商品(アプリとか)を紹介する企業案件というものもあるのですが、
基本的には動画を再生するだけで広告が流れて、それにより収入を得るシステムとなっています。



少し話が逸れましたが、そのおかげでYouTube市場は潤い、視聴者である僕たちは無料で動画を楽しめているわけです。

つまりシステムはテレビと一緒です。


それを踏まえると、広告にケチをつけるのは御門違いであることは明らかです。



それでもやっぱりうざい「広告」

なんて正論を述べたところで、
うざいものはうざいのが正直な感情です。


そしてその原因は、
毎回毎回同じ広告ばかり流れるからではないか?
という考えに至りました。


確かに思い返してみれば最近は
アジア系のナイスバディな女性がただひたすら踊るだけの広告や、
アジア系の女性が超絶ドヤ顔で邦楽(それも基本『ハナミズキ/一青窈』)を歌う広告などが多いです。もう空押し上げすぎて成層圏突破しそうな勢いでドヤ顔です。


↑こういう広告です

こんな広告ばかり見ていると、「うざい」の矛先は広告自体ではなく広告出演者に向いてしまい、「アジア系の女性は何も悪くないのにこの広告のせいで嫌われるんじゃないか?」と心配ですらあります。

これは目覚ましに使う音楽が嫌われるのと同じ原理ですね。


つまりもっと工夫性に富んだ広告を流せば、広告としての効果もあり、視聴者側もうざくなくなるので一石二鳥なのではないか、と思ったわけです。



実際に考えてみた

WiFiオンにしてますか?

この内容の広告、むちゃくちゃほしい


出先から帰宅して、YouTubeを見る。
そんな時に、外では切っていたWiFiを付け忘れていて、家の中なのに通信量をただ浪費してしまったなんてこと、よくありますよね?

少なくとも僕はそんなことだらけです。


だから動画が始まる前の広告で、
WiFiオンにしてますか?」
なんて言われたら

「広告さんありがとう〜〜!」
となるわけです。

だからこの広告はただただ実装してほしいのです。願望。


というかそもそもYouTubeヘビーユーザーって、WiFiルーターとかの会社が狙うべき顧客層のどストライクゾーンなわけですよ。
なら広告側としても狙うべき客層狙えてwin-winじゃない?と思うわけです。



あ、でも「WiFiオンにしてますか?」に感謝するのって既にWiFi持ってる人だから広告の意味なさないのか……


とにかく実装してください(自己中)



人気YouTuberが出演する広告

これは今までもいくつかあったんですけど、もっといろんなYouTuberが出演したらいいと思います。

そうすることで「広告うざい」の矛先も分散されますし、なにより視聴者が好きな人が広告した方が効果アリだと思うんです。


そして、YouTuberとしても、広告に出ることは有名になるというメリットを抱えています。

それこそwin-win-winになってみんな幸せ。



広告を非表示にするアプリが広告する

世間には数多のアプリが存在し、その中には
広告を非表示にするアプリもあります。
AdBlockやらなんやらかんやら、調べたらごまんと出てきます。


そこで、外国人が自信満々に歌うアプリの広告をするなら、広告を非表示にするアプリの広告を流せばいいんじゃないか、と思います。



いや、言いたいことは分かる、
なんかすごい矛盾っぽいこと言ってるのは分かる。

でも実際その広告を見る人はまだそのアプリを導入してないわけで、導入すればその広告を見なくなるわけだから、ちょうどいい気もする…。

だからといってみんながみんなそのアプリを導入すれば、その広告によってそのアプリの会社が得る広告収入は減る…。



……なんだかすごいパラドクス生まれたのでやめた方がいいのかもしれないですね。



まとめ

我慢しましょう。

うざいのはすごく分かります。

でもあなたの少しの我慢が、あなたの好きなYouTuberの生活の支えになって、それによってより面白い動画を提供してくれるのなら、そんな我慢くれてやりましょう



がんばれ、YouTuber。


がんばれ、日本。











↓オススメ記事↓
毎日バカなことを考えてます。



↑読者登録はコチラ


にほんブログ村 大学生日記ブログへ

↑おもしろいブログをお探しの人はコチラ