ポロロッカの卵

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポロロッカの卵

新たな視点から物事を見つめ直す新感覚横丁人情ブログ

ポロロッカの卵

【iPhone裏ワザ】ホーム画面にアプリを表示しない超マル秘テクニックを見つけたので紹介してみた話

スマホ iPhone 裏ワザ ホーム画面

スポンサーリンク

こんにちは。

iPhone裏ワザ開拓委員会会長のポロロッカです。自称です。






日夜iPhoneの裏ワザを探求している僕なのですが、ついに裏ワザ中の裏ワザを発見してしまいました。

この裏ワザはどのサイトにも書いていない、正真正銘本邦初公開の裏ワザでございます。



どんな裏ワザかというと、
iPhoneのホーム画面からアプリのアイコンを全て消す方法です。


この方法は結構特殊なので、おそらく世界のどこでも紹介されていないし、
それに よくあるiPhoneの裏ワザと違ってシステムそのもののバグを利用したものでもないので、安心して行えて再起動後も適応されます。もちろん脱獄ナシです。



もったいぶっててもアレなので、早速紹介します。




もくじ

この裏ワザをしたらどうなるの?

「ホーム画面からアプリのアイコンを全て消す」と言われても、いまいちピンとこないと思うので、具体的にどうなるのかをスクリーンショットを使って説明します。



まず、よくあるiPhoneのホーム画面ってこんな感じですよね

僕は1ページにアプリをまとめたい派の人なのでこんなにいっぱいありますが、ほとんどの人は数ページに分けてあると思います。



しかし、たとえ数ページに分けていたとしても、アプリのアイコンがあると壁紙がよく見えないですよね。

「別に壁紙なんだからいいじゃん」と言われればそれまでなんですが、やっぱりホーム画面にでかでかと壁紙だけを表示させたら、なんだか晴れやかな気持ちになります(変態)。


だから、ホーム画面にアプリのアイコンを表示させないことができたらいいな、と思ったわけです。




そしてその時、あわよくばホームの1ページ目に壁紙だけの画面を作れたらもっといいな、と思いました。

「ホームの1ページ目」っていうのは、ホーム画面にてホームボタンを押すと自動的に表示されるページです。


さっきのスクショの画面は、

チョボ3つのうちの1番右が白くなってるので、これは2ページ目ということになります。

チョボ自体の数はページの展開数によって決まるので、人それぞれだと思います。



1番左のページは0ページ目で、最近使ったアプリやニュースなんかが表示されます。



そして真ん中のチョボ、一般化して言うと左から2個目のチョボこそが1ページ目となります。

ホーム画面にてホームボタンを押すと表示されるページがこのページです。



で、そんな1ページ目に、

こんな風にアプリアイコンを表示させないようにする裏ワザを紹介しようというわけです。



ホーム画面からアプリを消す方法

では早速、具体的なやり方を説明します。


好きな画像を壁紙に設定

まずは適当な壁紙画像を用意してください。

別に普段使ってるやつでもいいですが、柄があるとちょっぴり難易度が上がるので無地がオススメです。
といっても全面無地ではなく、画面の左上の方が無地なら難易度は低くなります。


と言いながら僕は思いっきり柄だらけの画像を用意しました。

好きなバンドであるUNISON SQUARE GARDENの写真を利用した自作の画像です。


↓UNISON SQUARE GARDENオススメ100曲記事↓



また、画像作成はibis Paintというアプリを使いました。毎日の記事のサムネイル作成にも重宝している神アプリです。
ぜひ自作するなら使ってみてください。


↓画像編集について語ってる記事↓



まぁ縦:横が16:9ならどんな画像でもいいです。


用意したら、それをホーム画面の壁紙に設定しましょう。


設定後のスクショを撮る

設定したら、適当なアプリを長押しして、アプリを削除する間際のあのふるふるした状態にします。


その状態にすると、チョボが1つ追加され、アプリが何もないページが増えるので、その画面のスクリーンショットを撮ってください。


では次からが超難しくなります。


左上のアプリの枠でアイコンを作成

見出しだけだと何言ってるかわからないと思うので、順を追って説明します。



そもそも「ホーム画面からアプリのアイコンを全て消す」というのはどういう原理で成り立っているかというと、
実はアプリがないのではなく、壁紙と同化してるのです。



先ほども見せた僕のホーム画面の1ページ目ですが、


実は左上の1つ目のアプリが表示される枠に、壁紙と同化したアイコンが存在しています。

↑分かりやすくするとこんな感じに。



つまり、
ホーム画面の、1つ目のアプリの枠の部分の画像を使ってアイコンを作成すれば、あたかもアプリが全くないかのように見えていただけなんです。それがトリック。



で、そのアイコンの作り方なのですが、

まずはさっきふるふるした状態で撮ったスクショの、1番左上のアプリがあるべき場所をスクエアでトリミングします。

どこらへんにあるのかを、アプリの存在するページをよく見てしっかり確認しながらトリミングしましょう。


これが、無地の方が簡単と言った理由です。
柄があるとこれが少しズレるだけでダメなので、むちゃくちゃ難しいです。



またこの際注意すべきことがあって、
絶対にスクショした画面をトリミングしてください。

というのも、元の画像よりも壁紙に設定した画像の方が少し暗くなります。

だから、設定した後の壁紙のスクショを使うようにしてください。



はい、ここまで来たらあと少しです。

このアプリを使って、適当なURLへのリンクアイコンを作成します。

昔は「アプリアイコン」という高機能アプリがあったんですが、もう配信されていませんでした……無念。
まぁこのアプリでも充分作成できます。


これでアイコンの柄を先ほどトリミングしたスクエア画像にして、
タイトルのところにiPhone専用空白文字
→「ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ」
(このカギカッコの中にもう既に表記されてます)
を書き込めば、
ホーム画面と同化するアイコンの完成です。



最後に、作成したアイコンを1ページ目に配置し、それ以外のアプリを全て2ページ目以降に移動させれば、何もないホーム画面の出来上がりです。


まとめ

これができたからって別にどうってことはありません。

むしろホームボタン押下で表示されるページにアプリアイコンがないので(実はあるけど)、機能的には不便かもしれません。



でも、スマホを閉じる際に ホームボタンを押して1ページ目に戻っておいてから閉じると、次スマホを開いた時に壁紙だけが表示されるというなんともオシャレなことができるのです。


そんぐらいしか意味はないけど……




……うん、自己満です。



まぁ、

  • 他の人とは違うことをしたい人
  • 知り合いをちょっとびっくりさせたい人
  • アプリが全くないホーム画面を見て充足感を得たい変態の人

なんかにはオススメですので、ぜひやってみてください。









↓関連記事↓
iPhone裏ワザシリーズ



↑読者登録はコチラ