ポロロッカの卵

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポロロッカの卵

新たな視点から物事を見つめ直す新感覚横丁人情ブログ

ポロロッカの卵

【フリー素材】ぱくたそっぽいタイトルをデータフォルダの写真につけてみた話

ぱくたそ タイトル フリー素材 考察

スポンサーリンク

こんにちは。

茜さやさんのフリー素材をアイキャッチ画像に設定したらアクセス数2割増しになると信じているポロロッカです。やったことはないので当記事が実験台です。






皆さん一度は耳にしたことがあるんじゃないでしょうか、
「フリー素材」


いや絶対聞いたことありますよね?

絶対あるはず。


だって冒頭で僕が言ったから(セコ技)




さて、「フリー素材」とは書いて字のごとく、
著作権がフリーで、使うのにお金がかからない フリーな画像素材のことです。

著作権のことを気にしなければいけないブロガーの方やサイト運営者の方なら、普段からお世話になっている人も多いと思います。



そんな「フリー素材」を提供しているサイトも、この世には多々あります。
有名どころでいうと「ぱくたそ」「いらすとや」「pixabay」あたりでしょうか。


その中でも、僕は主に「ぱくたそ」を利用しているのですが、
「ぱくたそ」ってすこし変なおもしろいポイントがあります。



それは、全ての画像に珍妙なタイトルがつけられているという点です。


例えばこの画像。

カフェにてノートパソコンを開いている女性が、スマホで電話をしながら微笑んでいる という写真です。


しかしこの画像のタイトル、
「ファイナリスト目指して頑張るね!」
なんです。



いや、なんの?



そして例えばこの男性がただ本を読んでいるだけの画像だと、

「官能小説の表紙を裏返す高等テクニック」
というタイトルです。



こんなシブい顔してエロ小説読む奴おる??



そしてそして、こういうのもあります。

タイトルは、
「レアなモンスターをゲットできて興奮するハンチング帽の男性」



うん、これ完全に
ポケモンGOやってるやくみつるだよね???




……とまぁ本当に様々なセンスあるタイトルがひしめき合っています。



本当はこのままおもしろいタイトル紹介して終わろうかと思ったんですが、それだとつまんないので、
僕のスマホのデータフォルダから適当に画像を選んで、それにぱくたそ風のタイトルを付けていきたいと思います。

マジで誰得かはわかりません!!


先ほどまでのタイトルを見るに、どうやら「状況を 大げさに そして細かく捉える」と、ぱくたその画像タイトルっぽくなりそうです。なんの分析やねん。

まぁ、やっていきましょう。



ぱくたそっぽいタイトルつけてみた

まずはこれ。

100均で「鳥よけイーグル」を買った友人の写真。

これにぱくたそっぽいタイトルをつけるなら……



「鳥よけイーグルを買ったのにむしろ鳥が沢山群がってきている」


あ、っぽいな。

どんどんいきましょう。画像は適当に選んでるので多分クソおもしろくないものも来るでしょうが、頑張って ぽいタイトルをつけていきます。




お次はこれ。

あーこれあれですね、免許合宿卒業試験前日の晩ご飯のお好み焼きの写真ですね。「合格」とかいう可愛らしい希望の横に ただの金の亡者がいます。


このタイトルは、


「『合』のお好み焼きを食べることになったけど、絶対マヨネーズが足らない」

あるあるですね、オムライスとかでもあるんですよねこういうシチュエーション。
結局食べる時には付け足すやつです。




思ったより地獄絵図が続いていますが、どんどんいきましょう。

綿棒約300本を使って謎のオブジェを作った時の写真。



これのタイトルは、


「無駄遣い」



いやこれある!いつもは長々としたタイトルなのにいきなり一言のタイトルになるやつ!




……なんでテンション上がってんねやろ。

次。


これに関してはマジでなにか分からん。
え、こんなん撮ったっけ? サイズ感と画像的にスクショっぽいけど、この時の俺はなにを思ってホームボタン電源ボタン同時押ししたの?



そんな謎の画像のタイトルはこちら。


「ニュースZEROのオープニングがリニューアルした」



確かに似てるわ。

ただ元の画像が何なのかはマジでわかりません。
ちなみに、1年前のこの時期の土曜日12:32に撮影されてました。相当暇であったことだけ伝わりました。




紙コップ。

なぜ紙コップの写真を撮ったのか今の僕では分かりませんが、この写真の ぽいタイトルは、



「お金持ちの検尿はこれにて採取される」


ぱくたそタイトルあるあるとして、「ほんまにそんな状況か?」って思わせるタイトルが多いってのがあるので、これも ただの飲用の紙コップの枠組みを超えていこう というそれでございます。いきなり真面目な解説してもうた。




もうそろそろキツイので、次でラストにします。

ラストはこちら。

1年前の自分の誕生日に撮影した梅田の夜景を加工したものですね。綺麗だなぁ。


この風景画にふさわしいぱくたそっぽいタイトルは、



「夜の街がニュースZERO一色」




……

…………


…………………



どうやら僕のタイトルつけるセンスの方がZEROのようです。











↓関連記事↓
バカなこと考えがち



↑読者登録はコチラ