ポロロッカの卵

ポロロッカの卵

新たな視点から物事を見つめ直す新感覚横丁人情ブログ

ポロロッカの卵

【Twitter】2017年バズったツイート構文5選を振り返ってみた話

こんにちは。

TLに流れてきた◯万RT超えのツイートも基本「いいね」しかしないポロロッカです。





2017年もあと1ヶ月ほどで終わりますね。


もうそろそろこの1年を振り返る時期だと思うんですが、それはTwitterにおいても同じこと。

そう、この2017年で目まぐるしく変遷した「流行りのツイート」を来年以降に活かすための"振り返り期間"でもあります。




『どの時期にバズツイートが生まれやすいのか』

『どんな構文が特にバズりやすいのか』


ここらへんを押さえれば、2018年にバズることだってできるかもしれません。




というわけで2017年にバズったツイート構文を5つ厳選し、振り返ることにします。




もくじ

バズったツイート構文


今回は1つのツイートがバズった場合ではなく、

似たようなツイートが色んな人に呟かれた『構文』に目をつけたいと思います。


1. サンシャイン池崎構文


(出典: Twitter)



2016年12月31日に放送された恒例番組「ガキ使」にて、

芸人のサンシャイン池崎さんと人気俳優の斎藤工さんがやっていた『空前絶後』ネタが空前絶後の大流行



そしてそのまま年明けのTLには

このツイートを模したツイートがたっくさん出回りました。


その影響の波は一般ツイッタラーのみならず、
公式のアカウント(上に貼ったシャープ株式会社など)でもバンバン呟かれ、一時の社会現象にもなりました。




めちゃくちゃ流行ってたのに、もう1年前の話って思うと……1年ってあっという間ですね。


2. ブルゾンちえみ構文


(出典:Twitter)



年明け直後の「ぐるナイ」での人気コーナー『おもしろ荘』で彗星の如く現れ、

そのままR-1グランプリ決勝まで勝ち進むなど、

年始に飛ぶ鳥を落とす勢いで流行った『ブルゾンちえみ』。



その際に、案の定 彼女のネタ風の言い回しツイートが流行ったのです。




しかし、ほかの『おもしろ荘』出身で流行った芸人(8.6秒バズーカなど)とは違い、

その後 24時間テレビのマラソンランナーに選ばれるなど、一発屋の一途を辿らなかったのがブルゾンちえみの凄いところ。


テレビに出始めてから1年ほど経つのにまだまだ露出が多いのは素直にスゴイですね。




3. 5000兆円欲しい!フォント構文(アナグラム)


(出典: Twitter)



2017年4月ぐらいに『5000兆円欲しい!』がにわかに流行り始め、至る人が唐突に「5000兆円欲しい!」と呟きまくってました。


するとその流れに乗り、なんと『5000兆円欲しい!フォントジェネレータ』が作成されたのです。ツイッタラーおそるべし。



そしてそのフォントを用いて次に流行ったのが、

画像と、そのアナグラム(文字入れ替え)を『5000兆円欲しい!フォント』で表したものを組み合わせた画像ツイートです。



上に貼ったような、

  • ゴツゴツのアハン!(アツアツのごはん)
  • レキレキのシャタス!(シャキシャキのレタス)
  • コワコワのシューラ!(シュワシュワのコーラ)
  • シャディボンプー!(ボディシャンプー)
  • こきたてヒーヒー!(ひきたてコーヒー)

などがその代表例で、

正確にはアナグラムではないですが、このような画像ツイートが大流行しました。



4. ここがスゴイ&ダメ構文


(出典:Twitter)


夏に流行ったこの構文は、

対象物の「すごいポイント」と「ダメなポイント」を、理不尽を交えて書く

というもの。



今回取り上げたツイートのように、明らかなるデメリット・ダメポイントを有するものの『実はスゴイ』要素を最初に挙げて持ち上げ、そこからの落差で笑いを生むという、

笑いの典型的技術『前置き』を活用した構文です。





他にも具体例として、

【ゴキブリのここがすごい! ここがダメ!】

  • ここがすごい!

→ゴキブリの意外に有益な情報を列挙する

  • ここがダメ!

→ゴキブリ

みたいな使われ方がバズりやすい印象でした。



5. 崖から突き落とすオタク構文


(出典:Twitter)



素人に対して 3種類のオタクがオススメを教える、という構図。

笑いの典型『三段落ち』の応用ですね。



これは主にマニアックな題材について書くことで、その界隈に詳しい人がニヤニヤしながらリツイートするといった感じで拡散されました。

なのでこの構文のツイートはめちゃくちゃたくさん作られ、各界隈で拡散される、といった状況が生まれたのが印象的です。




もしはてなブロガー界隈でこの構文を使うならこんな感じでしょうか?

素人「オススメのブロガー教えて」

刺激の少ない物から与えてじっくり育てたいはてなー「りょうへいさんとか甘夏さんとかかな」

珍しく同士が増えそうでテンパるはてなー「ちょぶさんでしょキタローさんでしょえすくんでしょえっとそれから」

崖から突き落として生き残った奴を選別するはてなー「いっしー」

(勝手にお名前お借りした方々すみませんありがとうございますm(_ _)m)



構文以外もバズったツイートテンプレ

以上が2017年、構文として応用されながらバズったツイートです。



他にも、それぞれのツイートが流行った形として

  • サイコパスなナオトインティライミ
  • 彼氏と◯◯なうに使っていいよ
  • 熱盛
  • 頭悪い人
  • 拳で抵抗する21歳

などがバズりましたね。



中には懐かしいものまであって、2017年がとても長いものに感じました。

それほどたくさんの「流行り」が生まれてはまた廃れ……を繰り返した、躍動の1年間だったのでしょう。


2018年のバズを予想!


以上のことを鑑みれば、

  • 年越しのお笑い番組『ガキ使』『おもしろ荘』から流行が生まれやすい
  • 一度流行ったものからジェネレーターが作られ、それを元にリメイクしたらバズる
  • 笑いの基礎に立ち返るべし

ということが規則性として予測されます。



これらを頭に入れておけば、

2018年、バズを生み出すのは『あなた』かもしれません!!




おまけ


先日書いたこちらの記事、


こちらがホッテントリ入り&100ブクマ超えという、はてなブログ上は「バズ」と捉えてもいいぐらいの拡散をいただきました。




ということで、

この記事内で作った『カムシャフト式きじょ◯いマシーン』のGIFをTwitterにあげたら、Twitterでもバズるんじゃね?

という助言をいただいたので実験してみました。







その結果が こちら。

















……





Twitter厳しい!!!









↓関連記事↓
Twitterについて要望を語った記事です。



↑読者登録はコチラ

【41年ぶり】日本の"国宝"大集結!『国宝展』に行って正直に思ったことの話

こんにちは。

京都に住んで3年目なうのポロロッカです。





京都らしいといえば何を思い浮かべるでしょうか?


僕の場合、寸分の迷いすら許さず

寺社仏閣などの『伝統』

と答えます。



ですが、実際京都に移り住んでみると、
近くにあるとそんなに寺社とか行かない
というのが事実。


この現象には「もったいないなぁ」と日々辟易しつつ「でもいつでも行けるしいいや」という楽観思考で目を瞑っていました。




そんな折、僕はなんかすごそうなものの情報を聞きつけました。


その名も「国宝展」



京都国立博物館で開催されるらしいのですが、家からめちゃめちゃ近い。


これは行くしかない!

ということで本日行ってきました。




もくじ

『展覧会』の楽しみ方が分からない

とは言っても、行くまでは

展覧会ってなんか文化的教養とか芸術に対する知識がなかったら楽しめないんじゃね?

なんて思ってたのが本音。


だって僕の感動を表す語彙力って「ヤバい」「エグい」「めっちゃすこ」しかないですもん。そのレベル。



なおのこと「国宝展」だなんて、センター試験以来日本史に触れていない僕では何も分からないんじゃないか? とも思っていました。




でも「なんか一応レアっぽい」という国宝の前ではあまりに失礼な動機で行くことにしました。


ここがレアっぽい! 国宝展

今回開催されている国宝展なのですが、
レアっぽいポイントがいくつかありました。



  • 41年ぶり3度目

「◯年ぶり◯度目」とかいう甲子園決勝進出校にしか許されなかった言い回しが、こうもしっくりくる形で使われています。


しかも「41年ぶり」て。桁が違う。

おそらくもしこれが本当に高校野球なら、高校側からしたら快挙どころではない 伝説の世代としてもてはやされることでしょう。



  • 全部の4分の1の国宝が集まる

国宝って、日本に885件あるそうです(2017年現在)

そのうち約200件が今回の国宝展に展示されるという、なんともスペシャル企画。


単純に日本国土に占める京都国立博物館の面積を鑑みると、そこに4分の1集まるのはすごいレアっぽいです。



  • 京都国立博物館も国宝も120周年

今回国宝展が開催された理由は、
「国宝」という制度、そして京都国立博物館の両者が120周年だからということらしいです。


じゃあ41年前に国宝展が開かれたのはなんでなんだろう? なんて野暮なことは考えないでおきます。



  • 純粋に、『国宝』

なんだかんだ、この事実が超ヤバい。


国宝とか普段見ないし、見るとしても「となりの人間国宝さん」が関の山なのが関西ローカルの底力です。






以上の理由から、これは行かないわけにはいきません。

「朝ごはん」に「ランチパック」を食べてから、会場に向かいます。


実際に行ってみた

開館後すぐの博物館に向かう僕。

塀の外まで近づいて「おっ、やってるやってる」なんて行きつけの居酒屋感覚で入ろうとしましたが、僕の目の前に広がっていたのはなんと……




長 蛇 の 列



やはり土曜日なんかに来たのが間違いだったのでしょうか。

待ち時間もゲチ長いです。

心の中で「平日のホーンテッドマンションかよ」という分かりにくいツッコミもかましながら、入口へと近づいて行きます。




そして待ち時間を乗り越えチケット売り場へ。

なんと京都市内の対象大学の学生ということで、割引マシマシになりチケット1枚たったの1000円になりました。

これは嬉しい誤算。


そしていよいよ入口をくぐります……



いざ、入館

初めて訪れた京都国立博物館。

レンガ造りのめちゃくちゃオシャレな博物館かと思いきや展覧会がしてあるのはこれとは別の建物でした。
心の中で「It's a fake show, hahaha」と呟くことで、誤解のせいで高めてしまった期待を一度正常値に戻しました。セーフ。




しかしやはり「国宝展」というだけあって、入口看板もゴテっててカッコいいです。



まぁ心の中では

「『国宝』って単語、男と同じで玉を2つ持ってんだな」

とか思ってたんですけどね。




展示物は「サルでも知ってるモノ」ばかり!

国宝って言っても、なんたら仏像とかなんたら図とかばっかりだと思ってたんですよね。

だから違いなんて分かるわけないし、周りの人に合わせて「ほー」って言っとけばいいのかなって。


でも実際は違った。


そこに展示されてる国宝は、絶対誰しもが耳にしたことのあるモノばかり。




例えば……


『縄文土器』とか『土偶』とかいう小6の日本史で最初の最初に習うモノだったり、


『源頼朝』が教科書に出てくる時、絶対ページのどこかに載ってる肖像画だったり、


中学のテスト期間中に勉強から逃げたくて読み耽っていた美術の資料集で見たことある絵だったり……



とにかく、「名前は知らなくてもなんか見たことあるヤツだ」ってモノの連続なんです。



「サルでも知ってる」はさすがに言い過ぎだけど、僕の中での『展覧会』『博物館』『国宝』の厳かなイメージがまるでひっくり返されるほど、それらは僕たちの身の回りにあるものでした。


個人的「感動した国宝」ベスト3

では実際にこの目に見た国宝の中で、特に僕が感動したものベスト3を発表したいと思います。

もちろん展示物は写真撮影禁止だったので、僕の微かな記憶を元にした模写作品でお楽しみください。


第3位 『燕子花図屏風』尾形光琳

見たことある人多いかもしれない、この絵画が描かれた屏風。


実際には背景は全部金箔で、実物は写真と違ってキラキラ輝いています。


これに関してはそんな見たままの豪華さに加えて、

美術の資料集で見たことある!という既視感

さらに作者自体を日本史で習った時に「尾形光琳、降臨www」とか言いまくっていた微かな記憶が相まって、


3重の意味で感動を覚えました。


第2位 『土偶(縄文のビーナス)』

お◯ぱいがある!!!


お尻もプリケツ!!!



縄文時代から変わらぬ女体の素晴らしさを痛感した作品でした。それ以上でもそれ以下でもありません。


第1位 『大日如来坐像』

入館して1番初めに見たのがコレ。

1階2階ぶち抜いたひっろーい空間に、その天井の高さを感じさせないほど大きなこちらの像があるのです。



これは、僕が訪れた国宝展IV期の中ではおそらく最大の展示物で、とにかくデカイ。それなのに細部までこだわられた造形をしてるから、もう感嘆の声すらでなかったです。

「ひとえに風の前の塵に同じ」なんて言葉はおそらくこの時の僕のためにあるんじゃないでしょうか。うん、よーわからんけど。



とにかく、

  • これが1500年ほど昔に造られたという事実
  • それを現代に至るまで最高の保存状態で残らせた、国宝に対する人の思い
  • 普段は大阪にあるこのデッカい坐像を、今回国宝展のために運送した人へのしかかったプレッシャー

などを踏まえるとぶっちぎりで1番感動した国宝です。



ちなみにこれを普段置いてある大阪のお寺さんが実家の近くだったことも今日1の驚きでした。


正直な感想

マジでめちゃくちゃヤバい。


国宝の前ではこの上なくはしたない言葉遣いですが、言葉を選んでる場合ではないほど、『知識』『教養』を越えた『感動』がそこにはありました。



また40年後に国宝展が開催されるなら、ぜひとも足を運ぼうと思います。






というわけで会場にあった「顔ハメパネル」に顔をハメて、国宝の一部になった気分を味わってるときの写真でお別れします。

さようなら。







↓関連記事↓
これも一応「芸術」



↑読者登録はコチラ

【おとなの工作】"アレ"してる時のマシン作ったら放送事故レベルになった話【カムシャフト】

こんにちは。

小6の時は図画工作部だったポロロッカです。





今朝、ウ◯コをしました。


しかもそれはそれはBIGサイズだったので、
「お尻に遺ったモノを拭き取るにはいつもより多めのトイレットペーパーがいるな」
という冷静な判断を下し(腹は下してない)、

トイレットペーパーを勢いよく引っ張ったのです。



そしたら、





f:id:Pororo-CA:20171110205234g:plain


トイレットペーパーホルダーが
ズゴゴンッ
って隆起しました。



その後も紙を引き出すたび、

ズゴゴンッ(隆起)

ズゴゴンッ(隆起)

ズゴゴンッ(隆起)

となりまくり、なんかめちゃくちゃ愉快な気分になったので、動画を撮ってTwitterにアップ。



そしたら半日足らずで17ファボも稼いだので「世の中甘いな」と思ったのですが、

その中でサキさん(id:masaki709)がズゴゴンッの原因を解明してくださりました。




どうやらトイレットペーパーの芯が楕円形に潰れていたことにより「カム」のような働きが起こって偏心した動きをしていたようでした。





その瞬間、

とあるヒラメキが僕の頭をよぎりました。







「この原理を使えばセッ◯スも表現できんじゃね?」



ということで実際に表現してみました。




もくじ

目標

今回の体位はズバリ、

きじょ◯いです。



いわゆる男性の上に女性が乗っかっているそれです。


この体位の最重要事項である「女性の上下運動」を、カムで表現しよう というわけでございます。




というわけで早速設計図も描いてみました。



うん! なんとかなりそう!


というわけで作っていきます。



実際に作ってみた

用意したもの

ざっと使えそうなものを用意しました。


  • ダンボール(ベッド用)
  • トイレットペーパーの芯(身体・カム用)
  • ドラムスティック(回転軸用)
  • 割り箸(足やカムパーツ用)
  • 梱包材(頭用)
  • ビニールテープ(塗装用)

これ以外にも「スーパーの袋(ベッドシーツ用)」などを適宜用意しながら、


早速作業に取り掛かります!



おとこ を つくろう!

まずはベッドで横たわる男性を作っていきます。

これは動かないパーツなので、特に細かいことは考えずにテキパキ作ります。





まずトイレットペーパーの芯に切り込みを入れて、

(裏側も同じように)



下半身をそれぞれテープで巻くと、


足ができます。




あとはこれをビニールテープでぐるぐる巻きにしていきます。


今回は

  • 男→黒
  • 女→赤

のテープで巻くことに。




そして完成したのがこちら



見るからにマグロって感じです。




そしてこの顔である。

女性に主導権とチ◯ポを握られるだけのことはあって、ものすんごいMそうな顔してますね。



おんな を つくろう!


続いては女性です。

男性とは違いめちゃくちゃ運動するし おっ◯いもあるので、細かな作りこみが必要。




まず、先ほどとは異なり

  • 上半身→トイレットペーパーの芯
  • 下半身→割り箸

で作っていきます。





これらをビニールテープでぐるぐる巻きにして……

おっ◯いなんかもくっつけちゃって……

ロングヘアーにしちゃって……



そして完成したのがこちら



きじょ◯い好きそう!




ロングヘアーにしたつもりが尼さんみたいになっちゃったことを置いとけば、いい感じです。

まぁ僕はショートヘアがタイプなのでその辺はどうでもいいでしょう。





こうして完成した男女。

思ってたよりいい出来で、自分でもびっくりしてます。





また、ここで、

上下運動を引き起こすためのカムパーツと連結するパーツである「割り箸」を、女性に接着します。


この時ばかりはドキドキしました。






そして接合も完了したので、


いよいよ、彼らが共演するステージ「ベッド」を作っていきます。



ベッド を つくろう!


まずは用意したダンボールで、適当な大きさの直方体(1面だけ開けとく)を作っていきます。



正面から見て両サイドの面は、回転軸であるドラムスティックが通る穴を空けておかなくてはいけないので、

グリグリします。


f:id:Pororo-CA:20171110205326g:plain


作ろうとしてるモノがモノなので、なんかこの作業だけでイケナイことをしてる気になってきますが、そんなの言ってたら完成には辿り着けません。心を鬼にして穴を棒でグリグリします。




そしてパーツが揃いました。




これらを組み合わせて直方体にして、





シーツと枕を貼り付ければ、



ベッドの完成です!




それではいよいよ、

以上作ったパーツを合体します!



ぜんぶ がったいしてみよう!

まずは、ベッドの中にドラムスティックを刺して、その間にカムとなるトイレットペーパーの芯(女性上半身の残り)を接着します。



偏心にして接着することで、

軸を回転させると、トイレットペーパーの芯が上下に移動します。

うん、いい感じ。






そして後は、男性と、このカムに割り箸が当たるように女性を配置して接着して……


















カム式 きじょ◯いマシーン


完成!!!




なんかドラムスティックの先っちょも、それっぽい形状に見えてきました。


これは期待大です!



動かしてみた

では実際に完成したこのマシーンを動かしてみましょう。



ヤり方は、軸であるドラムスティックを回転させるだけです。

そうすることでカムが割り箸と接する点が上下し、女性が上下運動します。







よっしゃ、では早速ゥ!!!!






クルクルクルクル…………










f:id:Pororo-CA:20171110205402g:plain





きじょ◯いしとる……!



というわけで大性交大成功です!!

ヤったね!!!



まとめ

というわけで、思い立ってから、そこらにあったモノだけでこんな素晴らしいマシーンができました。


ぜひみなさんも、身の回りのいらないもので「工作」してみてくださいね!





ただ、こんな卑猥なモノ作っちゃうと、




置き場に困った挙句、発情しながら晩ご飯のわかめラーメンを食べなくてはいけなくなるので要注意です。









↓関連記事↓
鬼を退治するどころじゃない勢いで豆を撒くマシーンも作りました。



↑読者登録はコチラ

【GIFor動画】ブログにはどっちがいい? それぞれのメリット・編集法についてまとめてみた話

こんにちは。

趣味は画像加工・GIF作成・動画編集。
どうもポロロッカです。





最近はもっぱらGIFの作成にハマっております。



この技術によって、画像だけの時よりは より伝わりやすく面白い記事が書けるので、
なんなら最近はオチに困ったらGIFに頼ろうとしてばっかりです。




しかし、GIFと並んで 動く映像として物事を伝達できる手段として

動画もありますね。


現代だと「YouTube」なんかもユーザー数が増えまくってるので、
ブログの記事中にYouTubeリンクを貼り付けてそれを見てもらうことで伝達する記事もたくさんあります。

もちろん僕もよくやります。




そんなGIFと動画、

実際、どっちの方がブログに適しているのか?

と思ったので、それぞれの

  • メリット・デメリット
  • 編集しやすさ
  • 編集の幅

について少しまとめてみようと思います。



ブログの伝達方法について幅を広げたい人はぜひ読んでいってくださいな。




もくじ

勝手に動く『GIF』

GIFとは言わば再生ボタンを押さなくても、表示されるだけで勝手に動き出すやつです。


そんなGIFとブログのかみ合い具合について見ていきます。


メリット

  • リンクを踏ませなくても再生される

これがGIFの最大の特徴と言ってもいいでしょう。
なにより伝わりやすいのが最高ですね。


  • 結構細かいものまで、スマホひとつで作れる

これについて詳細は後述しますが、
スマホひとつで全て出来ちゃうのはお手軽の極みです。


デメリット

  • 音声がない

GIFは無音です。そりゃ勝手に音ありで再生されたら困りますもんね。

それによって、「音楽に合わせた映像」などは出来ないです。
つまり幅は狭まると言えるでしょう。



編集しやすさ

連写・動画・ただの写真、そこら辺なんでもから作れます。

つまり、編集のしやすさは最高です。



しかも近年の科学技術の進歩のおかげで、
無料アプリでサクサクっと作れちゃいます。


GIFトースター

GIFトースター

GIFトースター

  • AppMadang
  • 写真/ビデオ
  • 無料
↑僕が愛用してるGIF作成アプリ


これは超楽ですね。


編集の幅

加工を施した素材を使用すれば、宇宙で踊ってるGIFを作ることも可能です。

f:id:Pororo-CA:20171107205306g:plain

(出典: 【恋】関西ブロガーオフ会は終始カオスすぎて大成功だった話 - ポロロッカの卵)



撮影時に特に気にかけなくても、後からそれを連写や数枚の写真に落としてからそれぞれ加工すればいいので、編集の幅も広いと言えるでしょう。




音声もある『動画』

続いては動画です。

ブログとの兼ね合いという点で見ると、 YouTubeリンクを貼ってそこにアクセスしてから見てもらうといった感じでしょうかね。



そんな動画( YouTube)のブログとの合い具合についてまとめました。


メリット

  • 音声を付けられる

視覚だけでなく聴覚からも伝達できるというのは、何か伝えたい物事があるときによりそれを確実に伝えられます。


『読む人によって受け取り方が変わるのが文章(ブログ)の良さだ』という意見をお持ちの方からしたら これはあまりメリットと言えないかもしれませんが、

でも基本的に言いたいことは伝わってナンボです。



だからこれは確実に動画の利点だと言えます。


デメリット

  • 公共の場で、イヤホンなしでは見られない

よっぽどのDQNでもない限り、公共の場では動画をそのまま見るのははばかられるという人がほとんどでしょう。

基本イヤホンを耳にして見ることになります。



そうなると、相手がその場で再生できないときには再生されず見飛ばされちゃうので、伝えたいことも伝わらなくなっちゃいます。

これはツライですね。



  • リンクを踏ませないといけない

上の項目と少し重なりますが、

動画を見てもらうにはわざわざクリックしてもらわなくちゃいけませんね。



これって、アフィリエイトとかやったことある人なら分かると思うんですけどめちゃくちゃ難しいんすよね。


だって、相手に「動画を見たい」と思わせる文章を書かないといけないわけですから。
それなりの技術がいります。



  • ページ離脱につながる

仮に動画リンクを踏んでもらって、動画を見てもらえたとしましょう。

そこで相手のデバイス上には YouTubeが開かれてしまい、そこには「関連動画」というなの甘い蜜が待っています。



その結果、ページ離脱につながってしまいますね。


これは、ブログ書いてる側からしたら、あまりよろしくありません。



編集しやすさ

カットや定型のテロップ程度ならスマホからでも可です。


iMovie(iOS限定)

iMovie

iMovie

  • Apple
  • 写真/ビデオ
  • 無料
↑僕が愛用してる動画編集アプリ



しかし、この無料アプリではできることは知れていて、凝った編集をするにはPCソフトが必須となります。

これがスマホ依存症の僕からしたら少し面倒くさいんですね。



とは言っても、ほとんどのブロガーさんからしたら「PCの方が土俵だよ!」って感じだと思うので、これは一概にどっちがどうとは言えないですね。




無料ソフトなら『AviUtl』がおすすめです。


編集の幅

先ほど言った通り、スマホではできることが限られています。

しかし、PCソフトを使えば、たとえばカメラ制御やCGに至るまでめちゃくちゃすごいものを作ることも可能です。


それがブログ内での伝達に必要か?と言われれば、それは人によると思いますが……



しかしたとえば『宇宙で踊っている動画』を撮りたいなら、グリーンカーテンを用意してクロマキー合成によって編集して……と かなり手間がかかるので、

それぐらいならGIFの方が楽ですよね。



まとめ

ブログにおいてという観点で見れば、情報を伝えたいだけならGIFの方がいいように思います。



わざわざYouTubeのリンクを踏ませるのって正直めちゃくちゃ難しいし、

  • 音声がないと伝わらない
  • 思わず見たくなる

そんな映像じゃないと、おそらくそもそも見てもらえないまま終わるでしょう。




そんな条件を満たした動画を、

実は作ってみました。


はたして、皆さんはこの動画をわざわざリンクを踏んでまで見てくれるのでしょうか……?




その動画が、こちら。









『恋 ~エノモトver.~』
Music Video



さぁて、彼(id:minaraisennin)の人気に期待ですね。









↓関連記事↓
画像加工も、スマホ一台で。



↑読者登録はコチラ

【恋】関西ブロガーオフ会は終始カオスすぎて大成功だった話

こんにちは。

関西ブロガーのポロロッカです。





先日 11月3日(金祝)の夜……


世が「文化の日」だ「華金」だと盛り上がる中……




第2回関西ブロガーオフ会を開催してきました!!

ヒューヒュー! ヨッ! にくいねミ◯ビシ!




というわけで今回はそのまとめ記事です。

画像多めのボリューミーな記事になると思いますがぜひごゆっくり最後まで見ていってください。





もくじ

到着、梅田の夜

オフ会会場は梅田にある居酒屋。

開始15分前に駅に到着した僕は、意気揚々お店へと向かいます。



文化の日かつ華金の梅田の夜はパーリーがピーポーしてましたが、その人々の群れを超えて会場に着くと……




目的地にお兄さん方3人発見!!


「これは……? え、参加者の方なのか……? でも金髪がいないぞ、またここさんって金髪じゃないのか……?(アイコンのイメージ)」

とか思いながら恐る恐る近づくと……




ポロリンやん。



旧 友 か よ 。



そうして真っ先に声をかけてくださったのが、
今回このオフ会のためだけに関東からやってきたフットワーク伊能忠敬系ブロガー、

キタローさん


一応顔出しはしてないですが、最近はキャスやらブログやらでどんどん曝け出してらっしゃるので、顔を一目見た時に確信しました。顔わかる人が1人でもいてよかった。にしても第一声旧友かよ。



そしてその両サイドに2人のお兄さん。



身体から溢れ出んばかりのキレッキレコメントオーラをまとったこの人は……


そう、またここ∞さん

(∞をつけるのが公式なのかつけないのが公式なのかを誰か教えてください)



は、はじめまして……!


はじめましてまたここ∞です。




き……




き…………






金髪じゃなかったーー!!

アイコンのイメージでまたここ∞さんは金髪だとイメージしてたので、この瞬間は実は心の中で驚いてました。


またここ∞(もう∞つけなくていいかな)さんも今回のオフ会のために新幹線で名古屋から来てくださったという猛者。

みなさんすごすぎる。





そしてもう1人、めちゃめちゃ好青年の方がいる。


ハレさんでございます。


『関西の大学生ブロガー』という僕と若干のキャラ被りはしているものの、ハレさんのブログはもうめちゃくちゃすごいことを書いてらっしゃるので、もうなんかほんとにめちゃめちゃすごい方です(語彙力)。

あと、こちらもアイコンとは違ってクラゲではなかったです。よかった。



そんなハレさんは年齢も1番近くて僕の1つ年上
ここら辺で緊張も一気にほぐれだしました。






「はじめまして〜」「今日は来てくださって〜」「鳥貴族予約できなくて〜」「鳥食いてぇ〜」

とか喋ってると直後、新たな参加者の方が登場。



今回、予約の電話をする数分前に参加表明をしてくださったナイスタイミングすぎる女性ブロガー、

鳥頭さん



お会いするのはもちろんはじめてですが、はてなブログでは結構初期から交流していただいてた方なので実はテンション爆上がり。


もうなんかこう、

「ブロガーオフ会っていいな」

って開始早々に思いました。





そうこうしてるうちに予約時間もやって来て、
その時点で来る方は揃ったので入店することに。



開始、居酒屋ブロガーオフ会

お店に入ると予約の名前を聞かれたんですが、
僕はもちろん本名で予約していたので参加者の皆さんには身バレが確定いたしました。

僕の本名を知りたい方はぜひオフ会にいらしてみることをおすすめします。




個室に着いて注文を済ませたあたりで、6人目の参加者の方から連絡が。



店の前まで行くと、そこには高身長全身黒ずくめの 見るからにかっこいい感じの方がいらっしゃいました。


ミナミさんです。


年齢は僕の約2倍なのですが、

あのね、マジでそれを感じさせないほどお若いんです。



なんでもミナミさんは元役者さんで、現在もブログやYouTubeで活動しているという多才っぷり。

新しいことを常に追求しようという姿勢がこの人を若くしてるんじゃなかろうか、なんて1人で思っていました(失礼だったらすみません)。





そしてミナミさんを部屋に招いて、参加者が全員集合(え? 誰も忘れてないよ)



そこで改めて、

乾杯!!!


そうこれ! 夢にまで見たこの光景!



そんなこんなで、ブロガーオフ会が始まりました。


ブロガートークは尽きない

飲みながら、喋りながら、つまみながら。


ブログやってると普段は自分の中で自己完結してしまいがちな考えや募る話なんかも、やっぱりブロガーオフ会となるとみんなで共有できて、それを肴にお酒が飲めるのでほんとに最強だと思います。

いわゆる共通の趣味を持って集まった人たちなんですから、その話が尽きることはありません。




と言いながらも、ブログトーク以外にも

  • 趣味の話
  • 仕事の話
  • 野球・ソフトボールで「レフト」の方向と「左打ち」の方向が違うからややこしい話

なんかで盛り上がりました。普通に楽しすぎる。



もちろんブログトークも盛んで、

  • 依頼の話
  • 収益の話
  • 人気女性ブロガーの中の人がその人の父親で、写真だけ娘に提供させていたら……?という話

などなど、それぞれで記事書けちゃうほどの濃ゆーいトークがくりひろげられました。



キタロープレゼントタイム(閲覧注意)

おしゃべりに花が咲きすぎて、気づけば2時間ほど経っていました。


そろそろお暇します……


ここ24時間以上寝てないのに来てくださった鳥頭さんにはほんとに頭が上がらないですが、「しっかりレフトを守備してほしい」と心に祈りながらお別れしました。




鳥頭さんが帰られた後、

あ゛ぁ゛!! プレゼント渡し損ねた!!

とまるで鳩が豆鉄砲食らったかのように叫ぶキタローさん。



プレゼント??

そう! 人数分買って来たのに〜




え、プレゼント?!

主催者の僕は何も用意してないのに、わざわざ関東から来られたキタローさんがプレゼント用意してくれてるやて?!



これが……できる男か……!!!





というわけでキタロープレゼントタイムが始まりました。


はい、まわしてまわして〜〜


そう言って全員の手元に配られたのがこれ、




パ ン み く じ


もうなんか文字に起こすのすらヤバイ気がするんで、皆さん画像から意図を汲み取ってください。



いわゆる、この箱の中に、

パンツとおみくじが入っていて、



パンツの柄で運勢を占うという代物でした(楽しそうやんけ)。




そんな僕のパンツは……


「柄だらけ」の「綿パン」!




おみくじで確認すると……



凶なんかい。

「いきなりパンツ割り当てられて結果 凶」は、もうなんか理不尽を通り越してます。




こんなパンみくじが役に立つのかよと心底思いましたが、周りを見ると、



僕のなんかエロくないすか!




小4のパンツかよ




フォォーーーーー!!!





めっちゃ楽しんどるやないか。



まぁでも娘持ちパパのミナミさんぐらいになると、こんなことでは動じないんだろうな……









被るんかいッッ!!!!





……と言いつつ僕も、自分のパンツを被ったりして存分に楽しませていただきました。



恥ずかしさすら忘れられる、パンツは最強のアイテムだと痛感しました。


続行、二次会カラオケキャス

パンみくじのおかげで我も忘れて時も忘れていたため、店員さんに急かされて店を後にすることに。

側から見たら下着泥棒のオフ会みたいだったかと思うと、もう二度とパンツは被りません。





さて、そんなこんなで一次会は無事終わったのですが、ここら辺のタイミングで合流予定の"あの人"がなかなか来ない。



そう、前回の関西オフ会で鮮烈な登場を果たした、

エノモト師匠が来ない。




といってもそのまま道端で待っとくわけにもいかないので、僕たちは二次会としてカラオケに移動することに。





カラオケ屋さんに到着したところで、今回のオフ会中にどうしてもしたかったことを提案。


ツイキャスしましょう!



完全な顔出しブロガーは僕だけという状況でしたが、それでもやっぱりこの楽しさを共有したくなりました。


すると皆さん快諾してくださり、夢にまで見たカラオケキャス配信のスタートです。



カラオケキャスと師匠の登場

カラオケキャスは開始数分で15人ほども集まっていただき、いきなり大盛況という感じでした。
Friday Nightというゴールデンタイムに貴重な時間を割いていただき、ありがとうございました!!




そして開始から15分経った頃でしょうか。

ミナミさんがGReeeeNの『キセキ』を歌っている最中に、急に扉が開きました。



固唾を呑む一同。



「ぐりぃぃぃぃぃぃん」で埋まるコメント欄。



そんなカオスに降臨した人こそ、









エノモト師匠。

※この時写真を撮り忘れたため、とある人気女性ブロガーにあやかり 思わず素顔が知りたくなるようなエノモト師匠の画像で失礼します。




  • リフレッシュグラス
  • マスク
  • 右手にニンテンドースイッチ
  • 左手にノートPC
  • 首に防水袋に入ったiPad

といった装備を備えて登場したエノモト師匠。



彼の登場に会場はどよめき、またここさんは辛辣な言葉を浴びせ、そしてツイキャスリアルタイム視聴者が20人を超えました。


なんということだ……
「持ってるものとりあえず持ってきただけ」みたいな小学生の学期末のお楽しみ会の出し物みたいな格好なのになんでこんなに集客力があるんだ……




そんなエノモト師匠を交えて、二次会のカラオケはより盛り上がりを見せていきます。


盛り上がりまくるカラオケ

エノモト師匠もガッツリな顔出しはNGなのに、基本動きで笑いを取ろうとするのでキャスに映さざるをえません。


動きの他にも、

  • 『千の風になって』を歌うも演奏中止されまくるが、持ち前の「♪演奏中止の数だけ強くなれるよ」を合言葉に3回歌う
  • セルフエコーの『愛をとりもどせ』でエコモトの愛称を得る
  • ハレさんとツインボーカルでflowの『GO!』を歌い、「エノモトBAN!」の大合唱を得る
  • ペニシリンの『ロマンス』は正直スベる

という暴れっぷり。




そして、やはりカラオケ、どんどんみんなのテンションは上がっていき、

ハレさんは紙で顔を隠しながらも結局ほとんど見えちゃってるし、

ミナミさんは帰り際にガッツリ顔を出して、キャスを見てくださってる皆さんに挨拶して帰りました。

(ちゃんと録画消しといたので大丈夫)




そして言うてる間にハレさんも終電が近づき、帰ることに。

カオスを中和してくださっていたお二方の帰宅に口惜しくなりながらも、無事お帰りになられました。ミナミさん、ハレさん、ありがとうございました!!!


怒涛のエノモトラッシュ

あと10分ぐらいで退出が迫り、
そこからは怒涛のエノモトラッシュタイムが始まりました。



人の少なくなったカラオケルームの椅子の上で、これでもかと言うほどゴールデンボンバー『女々しくて』を踊り倒します。

コメント欄は「イスの上に立つな」という正論で溢れていましたが、今の師匠をそんな言葉で止めることはできません。




そしてラストを締めくくる曲、それが、

星野源『恋』



キタローさんの歌に合わせて、エノモト師匠が10日前から練習に練習を重ねた恋ダンスで カラオケとキャスを締めくくりました。



深夜、ゲストハウスで反省会キャス

今回のオフ会の企画立案は僕、エノモト氏、そしてキタローさんで(むしろゲストのキタローさんがオフ会したいから関西にやってきた)、
募集直後、そこに名古屋からまたここさんがいらっしゃる展開に。


そこで、キタローさんとまたここさんのゲストハウスをあらかじめ取ってあり、そこに僕とエノモト師匠もお邪魔する運びとなりました。




そんなゲストハウスのチェックイン時間を大幅に過ぎてしまいながらもようやくたどり着き、
休息を取ろうとしたその刹那




お金が……ない……



いやいや財布あるじゃないすか



15万円入った封筒、カラオケに忘れた……





……どこまでネタを作れば気がすむんだこの人は……



ということで お茶目にも15万円をカラオケに忘れたエノモト師匠はウメダッシュをかまし、先ほどいたカラオケ屋さんへと消えていきました。

※無事見つかりました。



反省会キャス

エノモト師匠が1人だけ勝手に牛丼を食べてから帰ってきたわけですが、それについては残り3人から袋叩き 寛容な心で許してあげて

どうせだから反省会キャスをしようという流れに。





しかしこのキャスはグダグダなものになり、




師匠のマスク越しにコーラを飲むというボケ以外はスベり倒していたこともあり、1時間ほどで終わりました。



結局このキャスの最後も、エノモト恋ダンスで幕を閉じました。



帰宅、圧倒的解散

そんなわけで、寝て起きて少し茶をしばいた後、僕たち4人も解散しました。


たのしかったすー! おつかれしたー!!


スベってても楽しいんだね


早けりゃ来月もオフ会しましょ!!


マジで楽しかったです! ありがとうございました!!




そんなこんなで大成功のうちに幕を閉じた第2回関西ブロガーオフ会。



その帰り道の途中、僕の脳内では、
ある男の存在が離れなかった…………





うっ……これは…………




寝起きで座禅組んでる時の、師匠……?!





こっ……これは……っ!!




寝癖直すのそっちのけで、トーストにチョコソースで「マタココ」って書いてる時の、師匠っ?!?!





おかしい!! 頭の中から、エノモト師匠が離れないよ!!!!





これって……もしかして…………



















ーーその時、僕の頭の中で、


1人の男が、踊り始めたーー







f:id:Pororo-CA:20171105114837g:plain


胸の中にあるものォォォォォ!!!!!!!






f:id:Pororo-CA:20171105114858g:plain


いつか見えなくなるものォォォォォォォ!!!!!!!!







f:id:Pororo-CA:20171105114918g:plain


恋をしたの貴方のッ







指の混ざり……!







頬の香り……!!






夫婦を……





夫婦…………







エノモト師匠と、夫婦…………






そんなの禁断の恋すぎる……




こんな禁断の恋、神様ぐらいにしか相談できないよ…………







神様?!





神!!!!!!





神に頼ればいいんだ!!!






そういや恋愛運『凶』だった!


やめとこ!!!!










ーーこの瞬間、世界で初めて『パンみくじ』が役に立ったのであったーーーー



パンツを頭にかぶっとけば、役に立つこともあるんだな。これってまさに……














おわり。

※実際にはエノモト師匠に恋なんてしているわけがありませんので、ご安心ください。









↓関連記事↓
第1回のレポはこちら



↑読者登録はコチラ

【電車】窓の外を走る忍者にバラードを歌いかけた日の話

こんにちは。

久しぶりに文字を書くポロロッカです。





1週間に、ブログをやってるうちに絶対書いてやろうとずっと思っていた記事を書きました。


バーグハンバーグバーグの方の耳には届かなかった どころか はてブ新着エントリにすら乗らなかったのですが、身の回りのブロガーさんからの反響がめちゃくちゃあって、僕は底知れない達成感を感じました。



ですが、

根っから『燃え尽き症候群』の僕は、なんかそこで「やりきったぜ……アァァ……」ってなってしまい、

なおかつ「これを越える記事書かねば……」という使命感に駆られてしまいました。




これはよくあることなんですけど、

バズったり満足できる記事書けたりした後って、なぜか「それを越えなきゃ」って思考が働いてしまうんです。


ストイックなんでしょうか。バカなんでしょうか。




でもそう思えば思うほど筆が進まなくなるのも事実で、なにか どんだけしょうもないことでもいいから文字を書かないと腐っちまうヨ! と自分に言い聞かせて、『しょうもないこと』を身の回りから探してきました。



というわけで今日は、
『しょうもないこと』を喋ります。




もくじ

電車に乗ってる時、何してますか?


僕は基本 音楽を聴きながらスマホをいじっています。


電車内を見回しても本を読んだりしてる方はわずかで、ほとんどの人がスマホをいじってます。「時代」という感じです。




ですが、昨日すこし電車に乗ってお出かけをした際、ちょっと頭痛がしてたこともありスマホをいじらず 窓の外をぼぉっと眺めてみました。


手持ち無沙汰のことを「手持ち豚さん」と読んでしまうほど手持ち無沙汰が嫌いなので、こんなことをしたのは幼い頃以来久しぶりでした。



すると、気づけば僕の目には『アレ』が映っていました。














『忍者』です。



建物の屋根やガードレール・電線の上を軽い身のこなしで走っていく『忍者』が、そこにはいました。



忍者を走らせる

「何を言ってんだ」と思われる方もいると思いますしむしろそちらの方が多数だと思いますが、絶対共感してくれる人もいるはずです。

「日本国民は先天的に車窓に映る景色の中に忍者を走らせる傾向にある」という研究結果も、おそらくどこかしらで解明されているんじゃないでしょうか。いや知らんけど。




そして中には、そこにゲーム性を持たせたりして1人横スクロールゲームを楽しんでるひとだっているかもしれません。

  • 建物と建物の隙間の溝に落ちたらアウト
  • 2段階ジャンプまでオッケー
  • 駅を通過するたびに1機増える

などなど。まぁこれは僕が実際にやったことあることなんですけど。





さて、この忍者を走らせるゲームですが、いわゆる「妄想」なのでどれだけしても誰の迷惑にもなりません。

負けた時に「うぁぁぁ〜〜」とか言わない限りは誰の目も気になりません。





しかし、電車内でやってしまいがちなことで、
見られたら恥ずかしいのにやってしまうことがあります。

これもさっきの忍者同様、人によってはあるあるだと思います。


それがこちら。




窓の外見つめながら聴いてるバラードを口ずさんでしまう


忍者よりやったことある人は減るでしょうが、それでもやったことある人はいることでしょう。

少なくとも僕はあります。
はい、痛いですね。




でも、あたかも自分がその曲のミュージックビデオの主人公かのように錯覚しながら、遠くを見ながら口ずさむ自分を第三者視点で俯瞰するという行為、痛いと分かっててもやっちゃうんですよね。


忍者然り、僕が厨二病たる所以をひしひしと感じます。


やったことある人はご一報ください

ここらへんのことって、実際電車内で他人がやってても気づかないんですよね。


だから、この記事も終始「やったことある人多いと思う」みたいな書き方しました。




ですが、今こそ晒け出すチャンスです。


電車内でこれらのことをやったことある人はぜひ教えてください。


これ以外のことやったことある人も教えてほしいです。今後の参考にします。






では今から、第2回関西ブロガーオフ会に行ってまいります。

道中、車窓から見える屋根の上に忍者を走らせながら電車で向かいま……





っ地下鉄。










↓関連記事↓
リライト生活も終えて、新記事書きまくりまする



↑読者登録はコチラ

【検証】オチを『バーグハンバーグバーグ』っぽくしたら、どんなにつまらない記事もおもしろくなるんじゃね? やってみた話

こんにちは。

尊敬するブロガーはARuFaさん。
どうもポロロッカです。






いきなりですが、お尋ねします。


みなさんにとって『おもしろい記事』ってなんですか?




『役立つ記事』と答える人もいれば、『おっぱいおっぱいばななうんちー!な記事』と答える人もいるでしょう。

その答えは千差万別だと言えます。




そんな中でも僕は、

『ネタ記事』

と呼ばれるものが三度の飯より大好きです。食欲に勝ります。





そんな『ネタ記事』の宝庫といえば、多くの人がこの会社を思い浮かべることでしょう。

それは、




株式会社 バーグハンバーグバーグ
(敬称略)




ネット上に転がっているおもしろコンテンツを最後まで読んでみると、「これもバーグハンバーグバーグだったのか!」と驚かされることも多々あります。

僕の敬愛するブロガーARuFaさんも所属しているし、シモダさんをはじめとする他のメンバーの方々も個性的で濃すぎるので 思わず「原色かよ」とツッこんでしまうほどです。





「こんなおもしろい記事を僕も作りたいッ!」

そう思って日夜、バーグハンバーグバーグさんが運営しているサイト オモコロヌートンなどのネタ記事を読み漁っているわけですが、


僕は一つ、大発見をしてしまいました。







オチが無理矢理ッ!!


そう、はちゃめちゃにオチが無理矢理なんです。

だいたい終盤に筆者が走り出して外に飛び出し、空を見上げてTHE ENDって感じです。



だが、それがいい。

「このオチがあってこそのバーグハンバーグバーグだ」とさえ感じます。



↓この記事なんかはその典型です。
他にもたくさんあります。




そこで、とあるヒラメキが僕の脳裏をよぎりました。






どんなにつまらない記事でも、オチを『バーグハンバーグバーグ』っぽくしたらおもしろくなるんじゃね?





ということで、やってみました。





お菓子の『満月』を見ながらお月見してみた

どうも、ポロロッカです。


すっかり寒くなって、少し早めの冬の訪れを感じずにはいられませんね。




しかし、僕は秋にやり残したことが1つだけあります。それは……





お月見してない!!



秋の夜長にまんまるいお月さまを見ながら酒を飲むあの恒例行事を今年はしてなかったのです。

これじゃあ来るもん(冬)も来ねぇよ!!



しかし、次の満月を調べたところ、


(出典:次の満月)



おいおい! おそらくだけどめちゃくちゃ寒くなってる頃じゃねぇか!!



これを待っていては、僕は秋の醍醐味をやりきらないまま冬を迎え撃つことになります。それだけはどうしてでも避けたい。





ということで、


お月さまをお菓子の『満月』に置き換えて、室内でお月見をすることにしました。






用意するもの

  • 市販の『満月』


今回の主役です。


しかし、あくまでも『お月見』をするわけなので、
この『満月』は食べません。観賞用です。


  • お酒


やはりこれがなくては始まりません。

今回は「満月が思ったより高かったから」という理由で一番安い白桃チューハイにしました。



※おさけは二十歳になってから



準備


さて、用意は完了しましたが、

ただ『満月』のパッケージを見て酒を飲むのでは、あまりに趣がありません。



というわけで、お皿に出しちゃいましょう。





普段はこういうお菓子って袋のまま食べるのに、わざわざ洗い物を増やしてまでお皿に出すだけで謎の背徳感と優越感を得ることができます。






これにて準備も完了です。


早速、『お月見』を始めましょう。



お月見やってみた


おもむろに『満月』を1枚 持ち上げてみます。




「すっごい! まんまるお月さんだ!」


そう言いながら、酒を喉に流し込みます。





たまに部屋の電気に透かしてみて、



「金環日食〜〜」

とかもやったりしながら、お酒を飲みます。





決してやってはいけないのは、

『満月』を食べること。



あくまで観賞用なので、それに手をかけることは決してなりません。






そんな感じで、開始早々は楽しくお月見できていました。








お月さま見て〜〜






透かせちゃったりして〜〜







お皿ごと スネア(ドラムの楽器)に乗せちゃったりして〜〜!!





上から見たらまんまるだ〜〜! Twitterのアイコンにしちゃおうかなぁ〜〜〜〜あはあはあは……




あはあは……










あは…………










は……………………






















なんっっっもおもんないやんけぇぇ!!!!!










なんで見てるだけやねん食わせろやぁ!!!!!









しかもさっきの写真のォ!!







お前らァァ!!!!













なにセッ◯スしとんねんんんん!!!!!




クソォォォォォ!!!!!











f:id:Pororo-CA:20171025161059g:plain


スネア タンタンタンタンターーーーン!!!!!








f:id:Pororo-CA:20171025161125g:plain


アメリカンクラッカー パンパンパンパンパーーーーン!!!!!










………………










クソッ










うわぁぁぁああああああ!!!!!!










f:id:Pororo-CA:20171025161156g:plain


部屋で1人っきりで満月見ながら酒飲んでも楽しいわけねぇよぉぉぉおおおお!!!!!!!











はぁ……はぁ…………




ん?













あれは……










満月?!?!











そうか……






俺は…………!!






えいッ














f:id:Pororo-CA:20171025161237g:plain


1人ぼっちじゃなかったんだぁあぁぁああぁあああああ!!!!!!!










ーーーーそう














いつも僕たちのすぐそばにあるもの














それはーーーー





















































↓関連記事↓
熱湯を舐めて温度を判別したこともあります。



↑読者登録はコチラ