ポロロッカの卵

ポロロッカの卵

新たな視点から物事を見つめ直す新感覚横丁人情ブログ

ポロロッカの卵

【永遠の謎】ダブルのトイレットペーパーの存在意義が分からなすぎる話

こんにちは。

個人のGメールアドレスにも「toilet」という単語を使うぐらいトイレ命のポロロッカです。





少し前の話になるんですが、両親が京都の下宿先にやってきた時のことです。



両親が下宿先に来るときはいつも、適量の食料と適量のお菓子、そして適量の日用品を持ってきてくれます。その適量さは適量すぎて適量という文字がゲシュタルト崩壊するぐらいには適量です。


そしてそれに先駆けて、前もって「なにか欲しいもんある?」という質問を投げかけられます。

ちょうどもうすぐトイレットペーパーがなくなりそうだったこともあり、僕は12ロール入りトイレットペーパーを指定しました。



そしてその数日後、両親は約束の通り下宿先にやってきたのです。


ダブルのトイレットペーパーを手に。



僕「ダブルゥ?!」




もくじ

シングルしか使ってこなかった20年間

僕は生まれてこのかた20年間、トイレットペーパーはシングル(一重)しか使ってきませんでした。


1番用をたすことで定評のある実家のトイレに備え付けてあるトイレットペーパーはシングルだし、駅や学校などの公共機関のトイレに備え付けられているのももちろんシングルです。

逆に「僕がダブルのトイレットペーパーと出会うのは、金持ちの友達の家に行ったときになるだろう」という勝手なイメージすら抱いていました。金持ちの友達の家に行くモチベーションがそれしかなかったぐらいです。そのくらいダブルには「金持ち」というイメージがありました。



そんなダブルと、こんな形で出会ってしまうなんて……


僕は、"動揺"と"トイレットペーパーを買ってきてくれた親への感謝"と"その買ってきたトイレットペーパーがダブルであることへの疑問"を隠すことができず、思わず

「うん、ありがとう、なんでダブルなん?」

と訊いてしまいました。



そう言われ、手に持ったトイレットペーパーに一瞥くれる親を見て、「もしかして、いらんこと言ってしまったかなぁ」とか少し心配になりましたが、そんな淀んだ空気を親の言葉が断ち切りました。



「ダブルやったんか。気づかんかった」




ってょ〜〜〜〜い。


あまりに意外な理由(でも明確な理由があったらそれはそれで怖い)に対して、僕は発音不可能なリアクションをとってしまいました。


なにはともあれ、せっかく買ってきてもらったものなので使い始めることにしました。


ダブルだからと言って使用量抑えられない

ダブルといえば二重なので、同じ紙の量でも長さに換算するとシングルの半分になってしまいます。
シングルで60mなら ダブルでは30m、ということです。

たぶんそれが「もったいない」と思っていたので、ダブルに「金持ち」のイメージが定着していたんだと思います。

そんなダブルを使うからには一回で巻き取る量は半分にしよう、という思考に至りました。



しかし、使用を始めて、あることに気づいたのです。


シングルの時と同じ長さ巻き取ってしまってる……


そう、もうトイレットペーパーを巻き取る量は、「引っ張り出された長さ」という概念では測れず、「引っ張り出す仕草」として体に定着してしまっていたのです。

人生20年間で僕が身につけてきたのは、語彙力・計算能力・人間関係その他お金じゃ買えない様々なものに加え、シングルのトイレットペーパーを適量引っ張り出す仕草もなのである、ということに気づかされました。



そんな今生の癖を直せるはずもなく、
ダブルのトイレットペーパー12ロールは1ヶ月足らずで使い切ってしまいました。


世間の平均を調べてみた

ここで僕の頭に、とある疑問が浮かびました。

世間の人は、シングルとダブルで使用量を使い分けられているのだろうか?



おそらくこの疑問は、ほとんどの人が一度は軽く考えるであろうけど、だれもその真相を知ろうとはせずに残りの人生を歩み始める、いわば「人生の岐路」。

そんな疑問に、納得のいく返答を出してくれるものが、果たして存在するのだろうか? というさらなる疑問を抱きつつも、ネットの海を探りました。



すると、なんと僕の疑問、いや、「人生の岐路」に対して明確に答えてくれる内容を見つけました。

全国家庭用薄紙工業組合連合会の調査では、トイレットペーパーの1回の平均使用量は、

シングルで小便の時89cm、大便の時177cm、
ダブルで小便の時66cm、大便の時146cm

というデータがあります。


(出典:トイレットペーパーのポータルサイト)


この世に『全国家庭用薄紙工業組合連合会』なんてものがあることに驚きながらも、世間一般では"トイレットペーパー使用量はダブルの方が少ない" "とは言っても半分ほど少なくはない"という目からウロコな新事実の観測に成功しました。


この結果から、大便の場合、同じ量のトイレットペーパーなら シングルの方が約1.65倍多く使えるということが分かりました。
やはりシングルの方がお得なようです。



というか個人的には、使用量がそもそも少ないということにも驚きました。

僕は、シングルなら3〜5日あればトイレットペーパー1ロール使い切ってしまうので、1日1うんことして1うんこで平均15m使うという計算になります。


そう考えると、ダブルを早々に使い切ったのは僕の使用方法が間違っていたからだと思いました。

もっとエコにもうんこにもフレンドリーなパーソンになります。


【結論】ダブルは必要か?

世間の平均からすると必要ないです。

しかし、中には「ダブルでも無駄遣いしない自信がある人」「ダブルを使うことによってお金持ちの気分を味わいたい人」「ダブルでしかケツを拭いたことのないお金持ち」もいらっしゃると思うので、一概に ダブル撲滅しろ! とは言えません。



ただ、僕みたいに「トイレットペーパーを引っ張り出す仕草」がシングルで染み付いてる人は、本当にダブルは使わない方がいいと思います。

そう考えると、将来結婚する相手がダブル派だった時、僕はどうすればいいのでしょうか……?



やっぱり変な癖もうんこも、染み付かないに越したことないですね。









↓関連記事↓
そんなうんこについて熱弁(便だけに)した記事はこちら



↑読者登録はコチラ

フリー素材だけで「オー!マイキー」っぽいことをしてみたかった話

こんにちは。

実家に帰省したところ、田舎すぎてソファの上でも圏外になってしまい 途方に暮れているポロロッカです。






うちの実家は、四六時中テレビが点いています。

僕自身 一人暮らししている時は、常にYouTubeを流していて基本的にテレビは観ないので、そりゃもう久しぶりのテレビを存分に味わっているわけです。



そして実家のテレビの内蔵HDDには、若かりし頃 僕がまだテレビっ子だった頃に撮り溜めていたテレビ番組がたくさん残っていました。

その中でも、観終わっても消さずに残しているテレビ番組があります。


その名も、『オー!マイキー』



1話3分ほどの短い番組なのですが、中身は「マネキンをいろんなポーズなどで撮影して、そこに後から声を当てたブラックユーモア満載のコメディドラマ」という超絶シュールなもの。


その斬新さに魅かれ、中学生時代の僕は狂ったように「オー!マイキー」を観まくっていました。




そこで今日は、そんな「オー!マイキー」的なものを、フリー素材サイト『ぱくたそ』のフリー素材だけを使ってやってみようと思います。


「オー!マイキー」特有の無機質で変化のない表情なんかも、フリー素材ならうまく表現できるんじゃないかな、と思ったからです。そうです。完全に見切り発車です。



というわけでできた作品を、ご覧ください。



(出典:オー!マイキー)


『隼人と信号』

「今日はガールフレンドの千歳ちゃんとデートだ!
テンション上がって飛びっきりのオシャレをしてきたし、もう成功する予感しかしないぜ!」



「お! あれは女友達の友歌じゃないか!
そうだ、何かアドバイスをきいてみよう!!」



「おーい!! 友歌ーー!!」



「あら、隼人じゃない。久しぶり。
今からドライブデートに行こうと思ってたんだけど、どうしたの? そんな変な服着て」



「今から千歳ちゃんとデートなんだ!
3時に待ち合わせしてるんだけど、何かアドバイスない?」



「アドバイスすべきはそのダサい服装なんだろうけど、そんなことよりもう3時10分だよ?
もたもたしてるから完全に遅刻だよ?」



「しまった! 急がなきゃ!」



「急ぐのはいいけど車には注意しなよ?
近頃は信号無視する車も多いから」



「うん、分かった。車に注意するよ。
とにかく急がなきゃ!!」



「急ぐのはいいけど信号は必ず青になってから渡りなよ?
車が来ないからって決して赤で渡っちゃダメだよ?」



「うん、分かった。信号は必ず守るよ。
とにかく急がなきゃ!!!」



「急ぐのはいいけど昔から有名なことわざがあって

「もう分かったよ!
とにかく急ぐね! バイバイ!!」





「もーう、急いでるのに」



「あ! あそこにいるのは千歳ちゃん!」



「きっと怒ってるだろうなぁ。
早く信号 青にならないかなぁ」



「よぉ、隼人。なにしてるんだ?」



「よぉ、隼人。なにボーッとしてるんだ?」



「すぐ喧嘩する系カップルの竜弥と明奈じゃないか。
僕はボーッとなんてしてないよ。信号待ちしてるだけだよ」



「つまりボーーッとしながら青の信号を待っているわけだ」



「つまりボケーーッとしながら赤の信号を待っているわけだ」



「隼人が待っているのは青の信号だろ!」



「隼人が待っているのは赤の信号じゃないか!」



「赤の信号を待ってどうするんだよ!」



「赤の信号は待たないといけないだろ!」



「もしかしたら黄色を待ってるかもしれないぞ!」



「黄色の信号を待ってるバカ見たことないぞ!」



「うるさいなぁ。
僕は信号が青になるのを待ってるだけだよ」



「待っているだけじゃダメさ」



「そうさ。待っているだけの隼人はバカでダメさ」



「なんで信号を待ってるのがバカでダメなんだよ!」



『だってここは押しボタン式の信号だろ』



「あ! ほんとだ!!」



「やっぱり隼人はボーーッとしてるな」



「結局隼人はボケーーッとしてるな」



「うるさいなぁ」



「車が通ってないときは信号は関係ないんだよ」



「車が通ってる時も信号は関係ないんだよ」



「車が通ってる時は無視しちゃ危ないだろ!」



「どんな時も信号無視は危ないんだよ!」



『じゃあ、さよなら』



「なんだったんだ、あの2人」



「にしても赤信号長いな。
車も来てないことだし、渡ろうかな……」



「でも信号は守らなきゃダメだ。
ボタンを押して青になるのを待とう」



「とか言ってる間に青になったぞ!」



「千歳ちゃーーーん!!」

ダッ



「あぁぁっ!!!!!」




キィィィィーーーーーーーッ、ドンッ




「信号無視はいけないじゃないか友歌!!」



「だって信号は黄色だったんだもん」



「たしかに黄色は『行けたら行け』ってことだもんな」



「でもなんか、今誰か轢いたような……」



『隼人じゃん!!』



「なんだ、友歌が轢いてしまったのは隼人だったんだね」



「よかったわ。赤の他人を轢いてしまっていたら、今頃警察にお世話になっていたわ」



「隼人。危うくお前は友歌を犯罪者にしてしまうところだったんだぞ」



「ひどいよ!ちゃんと青信号で渡ったのに!」



「信号が青だからって安全なわけじゃないんだよ」



「そうよ。私の言う通り、車に気をつけていたらこんなことにはならなかったのよ」



「なんだか納得いかないけど車には気をつけるよ」



「じゃあ私たちはドライブデートを続けましょうか」




ブロロロロ…………



『はっはっはっはっはっはっ!!』



『はっはっはっはっはっはっ!!』



『はっはっはっはっはっはっ!!』



ブロロロロ…………





【おしまい】


フリー素材だけで「オー!マイキー」を再現してみた結論


フリ素でお馴染みのモデル達がサイコパスに見えてくる。




皆さんも是非やってみてください!

※話の内容は完全にフィクションであり、フリー素材モデルの河村友歌さんは一切サイコパスじゃないです



↑この話が収録されているDVD↑








↓関連記事↓
フリー素材サイト『ぱくたそ』、愛用させてもらってます。



↑読者登録はコチラ

【MacBookは要らない】スマホ1つでブログを執筆できるこの時代が革新的すぎる話

こんにちは。

石油王かMacBookおじさん、養ってもらうならもちろん石油王派。ポロロッカです。






いきなりですが、

ブロガーといえば、どんなイメージが湧くでしょうか?



今日はそんなブログ論のお話です。




もくじ

ブロガーといえばどんなイメージ?

……と問いかけてみても今ここで第三者の客観的意見を得ることはできないので、とりあえず僕が愛用しているフリー素材サイト「ぱくたそ」で『ブロガー』と検索してみました。


すると……


パソコンタカタカッタ-ン


さらに下にスクロールしていくと……


出るわ出るわ パソコンの嵐。

どうやら「ブロガー」には『パソコン』というイメージが強いようです。




さらに、少し前に「MacBookおじさん」が流行ったという事実から鑑みるに、どうやらブロガーの使うパソコンはMacBookであることが望ましいように映ります。まぁあれはブログに限らずサイト運営全般という感じですけど。
中には MacBookは持ってるだけでかっこいい みたいな世論もありますもんね。


ちなみに僕のパソコンはMacBook風Dynabookです。
かっこいいでしょ(白目)


総表現社会

少し話は逸れますが、よく「現代は総表現社会だ」と言われます。

ついこないだ参加した「ライター講座」でもそのような話が持ち上がりました。


"総表現社会"とは「ネットの中で、発信者と受信者に完全に二分されている訳ではなく、全員が発信者になり得る社会」のことです。

まさにTwitterなどのSNSの発達が、現代の総表現社会化を顕著に表しています。



そして総表現社会化に伴い「パソコンタカタカッタ-ン」でお馴染みだったブログも、スマホがあれば書ける時代になりました。


スマホ1つでブログを書ける時代

何を隠そう、僕自身このブログの約99.5%の記事を 愛用しているiPhone6たった1つで書き上げてきました。

タイピングスキルを向上させたいので、いずれパソコンで記事を書いたりもしようとは思っていますが、現状では基本的にスマホで書いているわけです。




スマホでブログを書く利点はいくつかあります。



まず、場所を選ばずどこでも文章を書けます。

電車やバスに乗っている時でも、学校や仕事の休憩時間などでも、とにかくスマホを弄れる環境下では場所を選ばず執筆可能です。

ここ1週間 お盆なので実家に帰省している僕ですが、重たいパソコンを持って帰って来ずともブログを書けています。これは嬉しいですね。



さらに、僕みたいにタイピングが遅い人は、1つ記事を書くのにも多大な労力を要してしまいます。
「じゃあタイピングスキル磨けよ」と言われるかもしれませんが、優先すべきはタイピングスキルの向上よりもまず記事を書くことです。

だから、フリック入力でスラスラ文章を書けるスマホでのブログ執筆は、ひとまず自分の考えを文章にして公開するには一番適しています。



そして、周りへの謎の優越感に浸れます。

カフェなんかでブログを書いてる時も、側(はた)から見たらただスマホを弄っているようにしか見えないでしょう。
でもそれが実はブログを書いてるんです。

……なんか、謎の優越感 感じませんか?

それに、それが一番の目的ではないにしろ、ブログを書くことで微々たるものですがお金を稼いでるわけでもあるのです。

……感じませんか? 謎の優越感




まぁ3つ目は完全に僕の自己満足ではありますが、スマホでブログを書く利点は僕にとっては大きいのです。もしかしたら 同じくスマホで書く利点が大きい人、いるんじゃないですか?


ブログにMacBookは必要か?

正直、ブログにMacBookは必要ではないと思います。

上記のことからも、ブログを書くにはスマホがあれば十分です。
すこーしカスタマイズをいじりたい!としても、別にわざわざ高価なMacBookは必要ないんです。


だから、まるで「MacBookを持てばブロガーとして成功する」と謳っているかのような「MacBookおじさん」という制度?は、あまり好きになれません。



ここらへんは新婚ブロガーたんたんさんの↓この記事↓で書かれていることに超同意です。

要は「スマホでもパソコンでも関係なく記事書ける人が最強」ってことです。

まとめ

MacBookは必須じゃない!!

そして、

スマホ1つでも十分ブログは書ける!!


そんなこの革新的時代に生まれたからには、存分にブログに手を出すべきです。お手軽なんですから。




まぁでも もしタダでMacBook貰えるのなら、


……それは欲しいなぁ(チョロい)











↓関連記事↓
タイピングスキルが向上したら、パソコンでも記事を書いてみたい。遠い未来の話かもしれないけど。



↑読者登録はコチラ

【文章力10倍】人生初ライター講座で学んだ『良い文章』に必要な4つの要素の話

こんにちは。

ブロガーのポロロッカです。





先日、生まれて初めて『ライター講座』というものに参加して来ました。

もちろん今こうしてブログをやっていなければ、ただの理系大学生であった僕は出会うはずもなかった講演会です。



その講演会で学んだことは、驚きと刺激の連続。


そこで今日は、物書きなら絶対に知っておきたい 物書きのための文章の書き方について、その場で学んだことを元に 余すことなく紹介していきたいと思います。




もくじ

『良い文章』に必要な4つの要素

『良い文章』に必要な4つの要素はズバリ、

  1. フォーマット
  2. 読者
  3. 内容
  4. 文体

の4つです。


ブロガーやライターなど物書きの人は「4. 文体」を重視しがちですが、

実はそれだけが大切なわけではなくて、4つの要素のバランスが重要なんですね。



というわけで、以下にて「フォーマット・読者・内容・文体」のそれぞれについて詳細に説明していきます。


1. フォーマット→"基礎体力"

簡単に言うと、「てにをは」をはじめとする 指示語の使用や読点の位置に関する文法の基礎知識のことです。



この項目に関しては知っておくべきこと・注意しなければいけないことは多くあるのですが、

その中でも特に忘れがちなことをピックアップして紹介します。


接続詞の適切さ

「接続詞をどの程度使うか?」ということは、物書きの方なら結構考えたことあるんじゃないでしょうか?



そんな接続詞なんですが、

論理的な文章を書けば、接続詞は本来必要ない
という見解が、この度僕が新たに得た知見です。



それに関しては新聞記事がいい例で、

確かに新聞記事は、簡潔に書いてあるがゆえ 接続詞が必要以上にありません。


つまり、
接続詞とは読者が読みやすくするための道しるべだ、と捉えて使うようにするべきなのです。



その接続詞、

「本当に必要か?」

「使い方は正しいか?」

ということに注意を払わなければいけないんですね。




ちなみに僕は今、接続詞の使い方を極めるためにこちらの本↓を読んでいます。

接続詞マスターになったら、また書評記事にもまとめたいと思います。


三点リーダ

文末などによく付ける、「……」ってやつ。

これのひとセット「…」を三点リーダと言います。



これをよく「…」と3点だけで使っているのをよく見かけます。というか僕自身もたまに3点だけで使っちゃいます。


ですがこれ、点の数は偶数個が基本なのです。

だから2つ並べて、計6点打つのが正しい使い方なのです。



これは結構忘れてしまいがちなことですが、気を付けておきたいと思いました。


主語・文末の重複

同じ単語を連続で使うのがクドく読みにくいのと同様、主語や文末なども 同じ句や形式が続くとクドくなってしまいます。



文末でも特に「体言止め」はここぞ!という時にだけ使うようにしないと、主張したい文がどこなのかが分かりにくくなってしまいます。

多用は禁物なのです。


読点の位置

「、」←これです(こっち→「。」は句点)。



基本的に読点は、

  • 接続詞の後
  • 主格の後
  • 意味上の区切れ

で使うことが望ましく、正しいです。


逆に 至るところで読点を使いまくってしまうと、めちゃくちゃ読みにくい文章になってしまいます。これも 多用は禁物 ということですね。



ちなみに僕は、それでも読みやすいように区切りたい時は半角スペースを入れて読みやすくするようにしています。これがなかなか使える。

2つ上の段落でも使ってますので、ぜひ真似てやってください。




2. 読者→"読者とのマッチング"

「誰に向けて書くか?ということを重視しろ」
というのは、至るところで唱えられてきました。

「理想読者」いわゆる「ペルソナ」設定を意識しろ ってやつですね。



でも、これまで言われてきたように「ペルソナによって相手に合わせたことを書け」というのは、

ペルソナによって内容だけを変えろ、ということ"ではない"のです。



つまり、

  • 語彙
  • 文体
  • 丁寧語、敬語

などもペルソナに合わせろ ってことなのです。


語彙

「語彙」という単語1つとっても、語彙/ボキャブラリー/使う言葉 といった風にいろいろな言い回しがあります。


例えばこの記事が中高生向けのものなら、「語彙」なんて言うより「使う言葉」と言った方が伝わりやすいですよね。

でもこの記事は物書き向け、つまりある程度の語彙力のある方たちが読んでいるものだ と踏んで、僕は「語彙」「語彙力」という言葉を選んでいます。


つまりはそういうことです。


文体

長文で論理的な文章がいいのか、それとも短文でリズミカルな文章がいいのか、

これもペルソナに合わせて書きわけるべきです。


他にも、語尾の言葉遣いなんかも使い分けたいですね。


丁寧語、敬語

読者との目線の関係性が強く影響します。


たとえば僕が今この文章を、めっっっちゃくちゃフランクに「ヘイメーン!文章力アゲてこーぜぃ?!」みたいな感じで書いてても嫌だし、逆に「この度は私めの稚拙なる文章を読んでいただき……」なんて言っててもそれはそれで気持ち悪いですよね。


ペルソナとの間に程よい距離感を持ちましょう。


3. 内容→"内容の面白さ"

いわゆるコンテンツ力のことです。



これに関しては「文章力」と直接的に関係はなく、特に言及すべきことはありません。


何を書くかを明確に持つ

ということを大切にしましょう。


4. 文体→"文体そのものの個性"

ブロガーやライターなど 物を書いて発信する人からしたら重視されがちなのが、この要素です。

文体・語尾の言い回しなどで文章に個性を付けたい と思っている人も多いんじゃないでしょうか。



しかし、個性が出すぎると読みにくくなるのもまた事実。



上記の1〜3の要素に目を向ける、つまり文体を追い求めるよりもすべきことがたくさんあるという根本に立ち返ることが大切です。




文章構成の基本は起承転結ではない

ここまでは「文章」を書くための「文」の書き方について、重要な4つの要素のことを書いてきました。

今度は文章自体の「構成」に目を向けたいと思います。



……と言っても言いたいことは表題の通り、

「起承転結こそが文章構成の基本」という間違った考え方を捨てようということです。



たとえば、論文に「転」は不要なわけです。言ってることがコロコロ変わっていては説得力に欠けます。結局STAP細胞はあるのか? ないのか? そう思ってしまいます。

逆にブログ記事に「転」は2つ以上あってもいいです。次どう来るか分からないブログならではの文章展開の面白さは、皆さんには説明するもがなだと思います。




では、全ての文章における構成の基本は、何だと捉えたらいいのか。



それは、落語の構成である

マクラ→本題→サゲ

を意識すべきです。



案外どんな文章を書こうとしても、この構成に落ち着きます。落語だけに(落語→オチを付ける)。



(……上手いこと言ったーードヤーー!!)


結局『良い文章』って?

ここまでたくさん書かせていただきましたが、

「文章の良さ」というパラメータは存在しない

というのが結局のところです。


それこそ、あなたがお得情報を伝えたいのか? それとも身の回りで起こった面白いことを伝えたいのか?
それによっても、文章の良さの定義は変わってきますから。



要は

  1. 基礎体力
  2. 読者とのマッチング
  3. 内容の面白さ
  4. 文体そのものの個性

この4要素の良いバランスが『良い文章』に繋がるわけです。



内容が面白ければ、文章は下手でも構わないですよね。
まさに3と4の関係がそれを表しています。

読者のニーズに応えた、共感を得られたツイートは拡散されやすいです。たとえ文章自体に欠陥があっても、リツイートは留まることなく伸びていきます。
まさに1と2の関係がそれを表しています。



このように、これら4つの要素を意識することで、あなたの文章はワンランク上の『より良い文章』になることでしょう。

ぜひ、これらのことを意識して文章を書いてみてください!



ライター講習松葉類様並びに主催団体アンテナ様への感謝

今回のこのような刺激的で有益な講演会は、京都のカルチャーを発信するマガジン『アンテナ』様が主催されたイベント「松葉類による \出張/ライター講習」です。


『アンテナ』は僕もよく読ませていただいてるWEBマガジンです。そんなところが主催のイベントに参加でき、たくさんの刺激をいただけ、本当にいい機会になりました。ありがとうございました。


そして、講演者の松葉類様は、京都大学文学研究科で、現在も文学研究者・ライターとして活躍しておられる方です。
そのバックグラウンドだけでも説得力があるなあ、と始めはのほほんと思っていましたが、講演会が終わる頃にはファンになるほど尊敬していました。
この度は素晴らしい講演を、ありがとうございました。



そして今回、この講演会に参加しようか迷っている僕の背中を押してくれた、アンテナライターでありはてなブログ『九六フィートの高さから』管理人の安堂(id:kakkoiikakko)くん、本当にありがとう。










↓関連記事↓
脱・超弱小ブロガーしたいならこれも読んでみて!



↑読者登録はコチラ

【タオルソムリエになりたい】この夏、新たな資格ゲットに挑みます。の話

こんにちは。

一ツ星卵ソムリエゴールドランク所持者のポロロッカです。





この夏の目標

いやそんな生ぬるいもんじゃない、


この夏の野望



それは、


タオルソムリエになることです。




もくじ

タオルソムリエとは

タオルにはどんな種類があるのか、種類によって何が違うのか、どのように使い分けたらいいのか、という思いを持つお客様が増えてきます。(中略) 日本のタオルマーケットの中に、本当に欲しいタオルに出会える環境づくりを進めていきたい。

そんな想いから、今治タオル産地では、タオル選びのアドバイザーを育成することにしました。


(出典:タオルソムリエとは | 今治タオル工業組合|今治タオルプロジェクト)

一言で言うと、「タオルソムリエ」とはめちゃくちゃタオルに詳しい人のことです。


日本のタオルの名産地である今治にある今治タオル工業組合というところが取り仕切っているのが、この「タオルソムリエ」という資格になります。
上の文章も、その公式サイトから引用させていただきました。



「お客様」という言葉を使っていることからも分かる通り、「タオルソムリエ」の資格は 基本的にはタオルを製造・販売する側の人に向けて作られた資格です。

しかし、「一般人でもこの資格試験を受けることが可能」ということで、タオル業界に全く足を踏み入れていない ただの大学生である僕も資格試験に挑むことにしました。


なぜタオルソムリエになりたいのか

「タオル業界に全く関係ないお前がなんでタオルソムリエになりたいんだよ」という声が聞こえてきました。というかまともな人なら誰しも思いますよね。



僕がタオルソムリエになりたいと思ったのは、
『ヤバイTシャツ屋さん』というバンドの『L・O・V・E タオル』という曲を聴いたのがきっかけでした。

L・O・V・E タオル

L・O・V・E タオル

  • ヤバイTシャツ屋さん
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

この曲の終盤で、唐突に「タオルソムリエになりたい」という歌詞が出てきます。


そのあまりの唐突さとメロディのキャッチーさに度肝を抜かれた僕は、洗脳されたように「タオルソムリエになりたい」と思い始めるようになりました。



それにタオルソムリエの資格をゲットしたら、知人に自慢するのはもちろんのこと、将来就活するときに履歴書にも書けるじゃないかと思いました。

だっておもしろくないですか? 履歴書の資格の欄に「タオルソムリエ」って書いてあるの。
それを見て「こいつは逸材だ……!」と思って採用していただけるような企業になら絶対の安心を置けます(※過言)。




そんな"ウケ狙い"のためにテキスト含む受験料1万円を払って、この度タオルソムリエ資格試験に応募しました。


申し込み完了、届いたテキスト

というわけで申し込みを済ませたところ、なんと翌日に今治タオル工業組合から直々にテキストが送付されてきました。仕事が早い。


やはり何歳になっても、このTHE・小包み感には胸踊ります。てか小包み届くたび同じこと言ってる気がします。



そして中身をオープン。


いや、オシャレ。

さすが、普段から身につけるグッズを取り扱ってるだけあって、デザインセンスがスーパーハイです。
これなら電車の中で読んでても恥ずかしくないな。


「タオル読本」……と。

この背表紙を見て、もういよいよ引き返せないとこまで来たんだなと思いました。



受けるからには絶対合格して、胸を張って「わい、タオルソムリエやねん」ってドヤ顔で言えるようになります。

試験日は9月14日。
がんばるぞい。



ちなみに……

実は昨日の記事で紹介した「保冷剤をタオルに巻いて首に巻く」のやつですが、



この説明に使ってたタオル、実は僕にタオルソムリエを目指させるきっかけとなったヤバイTシャツ屋さんのグッズタオルなんですね。



……だからどうってことはないんですが、
どうやらそのヤバイTシャツ屋さん自身もタオルソムリエの資格試験を受けるかもしれないようなので、いろいろと楽しみです。








↓関連記事↓
こちらの記事でもヤバT紹介してます!



↑読者登録はコチラ

クーラーがなくても涼しく過ごせる2つの方法の話

こんにちは。

新陳代謝の鬼、ポロロッカです。






僕は元来、超汗っかきです。

すぐ喉が渇いてゴクゴク水分を補給しては 全て汗としてダクダクと垂れ流す、新陳代謝ボーイです。

そして幼い頃は「アトピー性皮膚炎」持ちだったので、その汗が肘裏のカサカサ肌に沁みて、泣くほど痛い思いをして育って来ました。


だから昔から夏は苦手だし、せめてクーラーがないと生きていけないタチでした。



そんな僕に最近起こった悲劇、それが


突然の家のクーラー故障
でした。




もくじ

猛暑の中過ごした1週間

先日のエントリで触れた通り、うちのクーラーがどうしようもなく壊れてしまいました。


どうしようもなく壊れた、というのは、

  • そもそもリモコンが動かない
  • 本体の応急電源ボタンを押しても反応しない
  • よくある解決法「電源プラグを抜いて数時間放置してから再びつけてみる」を試してみてもうんともすんとも言わない

という三重苦を突き付けられた状態のことです。


この故障のせいで僕の新陳代謝は爆発し、熱中症になるまいと補給した水分をそのまま汗としてとめどなく流すだけの汗腺マーライオン人間になってしまいました。



もう我慢できないほどに暑いし、仮に普段は我慢できたとしても、寝る時に暑すぎるともはや寝れないという死活問題に陥ってきます。

「睡眠障害は汗腺マーライオン人間含む人類最大の敵である」と、有名な哲学者ペイ=ユータンも語っています。あ、適当に言いました、ペイ=ユータンとか存在しません。




とにかくそれぐらい暑い現状を乗り切るために、僕はクーラー及び扇風機がなくても涼しく過ごせる方法をいろいろ試してみました。

その結果、効果があった2つの方法を紹介したいと思います。


クーラーが壊れた時に限らず、出先なんかでも使えると思うので、ぜひ参考にしてみてください。


クーラーなしでも涼しく過ごせる2つの方法

1. 保冷剤を首に当てる

これは結構効果がありました。

やり方は、背中側の首に保冷剤を当てるだけなんですが、直接当てると皮膚がなんらかのダメージを受けてしまうので危険です。



そこで考案したのがこの方法。

  1. まず、タオルの真ん中に保冷剤を置く。
  2. 端を折りたたんで細くする。

あとはこれを首に巻けば完成です。


首に巻くことで安定性は増して落ちることはありません。

さらに、タオルを折りたたんだ部分はタオルが二重になってますが、逆側は一重なので、その差で温度調節もできます。



ただ、ひとつ言えることは、
『考案した』とかでかでかと言ってみたものの、こんなの誰でも思いつくよねってことです。

でも意外とクーラー生活に慣れてしまった現代人は知らないかもしれない方法ですね。
これこそ出先で熱中症の人が出た時とかに使ってみてください。


2. 窓を開けて夜風を浴びる

単純にして明快すぎる方法。
これは、ただただほんっと気持ちいい

そんなに涼しくなるわけじゃないんですけど、気持ち良さ・清々しさで言ったら右に出るものはないです。



しかしながら、窓開けたまま寝たら翌朝体調を崩すこともあるので注意が必要です。

実際に朝起きたら鼻水とまらんなんてことがめちゃくちゃありました。


クーラー復活

そんな裏ワザ的なことをしていても、さすがにクーラーなし生活を1週間も過ごしているとその暑さに我慢の限界がきました。

それに、『2. 窓を開けて夜風を浴びる』の実践しすぎにより体調も超絶崩しました。



ということで、ついに大家さんに連絡してクーラーを付け替えてもらうことに。


やはり夏場なのでクーラー付け替え業者も忙しいらしく、連絡してから4日後に工事が行われることになりました。



壊れたクーラーはとんでもなく古めかしいタイプのやつで、「もしかしたらこの付け替えを機にこのタイプのクーラーはこの世から絶滅してしまうんじゃないか?」なんて思いながら作業を見守りました。というかなんだよそのふっとい管。



新しくうちにやって来たのは、かの有名な霧ヶ峰パイセン。

以前の黄ばみの極みのようなクーラーとは一線を画した、真っ白つるつるのハイテクマシーンが、そこにはありました。



そして始まった付け替え作業。

クーラー本体と共にふっとい管も排除され、僕の部屋にはその名の通り『風穴』があきました。
いつか時代にもこんな風穴あけてやりたいもんです。



そしてそこからなんやかんやあって、霧ヶ峰パイセンが完全設置されました。フゥ!



てか結局ふっとい管はあるんかい。


まとめ

クーラーが完全復活して、超快適な生活が再び訪れました。ほんと涼しい。



こんなことなら、もっと早めに大家さんに頼むべきだった と思いました。

変なプライド持ち前の人見知りを発動させた結果、1週間もの間熱中症寸前の頭フラフラ生活を営んだのは本当にバカだと思います。



こんな自己嫌悪に陥らせてくるほど、霧ヶ峰パイセンの威力は凄まじかった、ということですね。



まったく。



憎いね、MITSUBISHI。








↓関連記事↓
エアコンが壊れた日の話



↑読者登録はコチラ

【開催日変更!】関西で激ゆるブロガーオフ会を開催します!って話【ポロロッカ主催】


【追記は記事中の『開催案内』へ!】


こんにちは。

関西ブロガーのポロロッカです。







関西ブロガーのみんな!!



超絶激ゆるオフ会@大阪!!



やるでェ!!!!!
(取って付けたような関西弁)




もくじ

関東が羨ましい関西ブロガーに告ぐ

つい先月、都内でこんな企画が開催され、それを見て羨ましく感じた方も多いと思います。

第2回いっしー。主催日本一ハードルの低いブロガーオフ会
(知らないって人はぜひ読んでみてください、すぐ羨ましくなるから)


簡単に言うと、
「カッフェでタカタカッタァァァァァンな"意識高い" "敷居高い"ブロガーオフ会ではなくゆるゆるブロガーオフ会しようぜ
的な企画です。

「第2回」ってんだから余計羨ましい。


この企画を知って、僕自身超羨ましくて行きたくなったんですけど、いかんせん開催地は都内 一方僕は関西在住ということで参加は断念。



でもオフ会が終わって後日、参加者のみなさんの「参加してきたぜ」記事を読んでると、あのね、もうね、ヤバ楽しそうなんです……
行ってないのにその日の行程全部覚えちゃうくらいには読みまくりました。そんぐらい楽しそうでした。



ということで、

関西でも激ゆるブロガーオフ会やりたくね?!と思い立ったのがきっかけで関西でも開催することにしました。

(あ、『関西でも』とか言ってますけど全然都内のオフ会の続き・第3回みたいなのじゃありません。名目上は全くの別物です。)


開催案内

  • 場所:大阪梅田付近の居酒屋(お店は未定)
  • 日時:8月19日(土)夕方17時〜終電まで

【追記】
独断と偏見で決めたこの日付ですが、できるだけ多くの方に参加してもらえるよう、少し意見を聞きたいと思います!
基本的には8月19日ですが、8/18(金)もしくは8/25(金)の方が都合いい方はその旨を伝えて下さい!!
連絡はTwitterでもコメントでもなんでもいいです!

【追記2】
開催日時が変更し、8月25日(金)21:00〜終電までになりました!
また、初めの日程より1週間遅れるので、「この日ならいける!」という方をまだまだ応募します!ぜひぜひお越しください!!

  • 内容:おしゃべり(ブログに関したり関しなかったり)を中心に、ブロガー同士交流しましょう!
  • 好きなタイミングで来て好きなタイミングで帰るスタイルですが、一応お店の予約などあるので当記事公開1週間後の8月11日までに参加表明していただきたいです。
  • 参加表明などは↓以下のTwiPla↓よりポチッとしてください。一応Twitter上で私ポロロッカにひと絡みしていただけると分かりやすくてありがたいです。


その他もいろいろ注意事項とか書いてるので、目を通してもらえるとありがたいです!


主催者・副委員長紹介

主催させてもらう私ポロロッカは京都在住の学生なのですが、特に言うことはないです。別に全身タイツでオフ会に参加したりはしませんのでご安心を。

1番最近撮った写真を貼ろうとしましたが、ゴキブリ退治した時のゴキとのツーショット写真しかありませんでした。まぁこんな顔です。




そしてこの度、開催を検討しているとガッツリ肩を押してくれ、さらには副委員長にまで名乗りを上げてくださったのが、僕の好きなダジャレブロガーのエノモトさん(id:minaraisennin)です。



というか今回の計画のほぼ全てを1人で考えてくださったのもエノモトさんです。

つまり『真の主催者』と言っても過言ではないです。

オフ会終わった頃には「エノモト主催!」ってなってるかもしれませんが、ご了承ください。


オフ会優勝トロフィー

というわけで、僕も主催させていただいてる身として何かせねば……!と思って、今回のオフ会に向けてこんなものを用意しました。


それがこちら、


謎の優勝トロフィー


『関西ブロガーオフ会 優勝』とか書いてます。バカ丸出しです。




このトロフィーについてなんですが、
そもそもオフ会の目的って「交流」、つまり「爪痕残し」だと思うんです。

そこで、当日 オフ会でこの人が1番爪痕残せてたなぁ…という方にこの優勝トロフィーをプレゼントします。



勝手な予想ですけど、関西人ってこういうのに弱いやろなぁ と思ったんで、見切り発車でやってみます。


たくさんの参加、待ってます!

実際僕はこれまで、サークルや部活などの幹事的なものをやったこともなければ、ブロガー仲間と呼べる人にリアルで会ったことすらありません。

でもただただブロガーオフ会したい、その気持ちだけで開催します。


なので超ゆるゆるなだけでなく、単純に至らない点・困らせる事あると思いますが、、
じゃんっじゃん意見・ご指摘ください!



というわけで、たくさんの参加待ってます!
何とぞよろしくお願いします!!







↑読者登録はコチラ